電気通信事業法(08)


第44条  <電気通信主任技術者>
   種電気通信事業者及び 種電気通信事業者は、事業用
 電気通信設備の 及び に関する事項を
 監督させるため、総務省令で定めるところにより、電気通信主任技術者資格者証の
  を受けている者のうちから、電気通信主任技術者を
 しなければならない。
2 第一種電気通信事業者及び特別第二種電気通信事業者は、前項の規定により電気通信
 主任技術者を選任したときは、遅滞なく、その旨を総務大臣に
 なければならない。これを したときも、同様とする。

主任規則第3条
  ・・・電気通信主任技術者の選任は・・・事業場ごとに、それぞれ当該事業場に常に
   する者であって・・・から行う者とする。
 2 前項の規定にかかわらず、別に する場合は、当事業場を直接 する
  事業場において電気通信主任技術者を選任し、又は の事業場の電気主任技術者に
  当該事業場において選任すべき電気通信主任技術者を させることができる。
総務省告示第231号
  (1)兼務主任技術者等が常に勤務する事業場から速やかに到達できること
  (2)当事業場において直接に管理される電気通信設備に が生じた場合には、
     設備への切り替え等の のための が直ちに
    行われること
  (3)当該事業場にかかわる電気通信設備の工事、維持及び運用上
必要な事項が
    兼務主任技術者等に容易に できるよう措置されていること
  (4)当該事業場の電気通信設備の 、点検、及び検査の
が兼務主任
    技術者等に されること
  (5)その他、当該事業場が兼務主任技術者等による監督で ないよう措置
    されていること。

第45条  <電気通信主任技術者資格者証>
 電気通信主任技術者資格者証の種類は、 技術及び 技術
 について総務省令で定める。

2 電気通信主任技術者資格者証の交付を受けている者が することが
 できる電気通信設備の工事、維持及び運用に関する事項の範囲は、前項の電気通信主任
 技術者資格者証の に応じて総務省令で定める。

3 総務大臣は、次の各号の一に該当する者に対し、電気通信主任技術者資格者証を交付する。
 (1) 電気通信主任技術者試験に合格した者
 (2) 電気通信主任技術者資格者証の交付を受けようとする者の養成課程で、総務大臣が
   総務省令で定める に適合するものであることの
   したものを修了した者
 (3) 前二号に掲げる者と同等以上の専門的 及び
   有すると総務大臣が認定した者

4 総務大臣は、前項の規定にかかわらず、次の各号の一に該当する者に対しては、電気通信
 主任技術者資格者証の交付を行わないことができる。
 (1) 次条の規定により電気通信主任技術者資格者証の を命ぜられ、
   その日から 年を経過しない者
 (2) この法律の規定により 以上の刑に処せられ、その執行を終わり、
   又はその執行を受けることがなくなつた日から 年を経過しない者

5 電気通信主任技術者資格者証の交付に関する手続的事項は、総務省令で定める。

第46条  <電気通信主任技術者資格者証の返納>
  総務大臣は、電気通信主任技術者資格者証を受けている者がこの法律又はこの法律に
 基づく命令の規定に したときは、その電気通信主任技術者資格者証の
  を命ずることができる。

主任規則第43条
  返納を命ぜられた者は、その処分を受けた日から 日以内にその資格者証を
 総務大臣に返納しなければならない。資格者証の を受けた後、失った資格者証
 を したときも同様とする。

第47条  <電気通信主任技術者試験>
  電気通信主任技術者 は、電気通信設備の工事、維持及び運用に関して
 必要な専門的知識及び能力について行う。

2 電気通信主任技術者試験は、電気通信主任技術者資格者証の ごとに、
  が行う。

3 電気通信主任技術者試験の試験科目、受験手続その他電気通信主任技術者試験の実施細目は、
 総務省令で定める。

第48条  <電気通信主任技術者の義務>
  電気通信主任技術者は、事業用電気通信設備の工事、維持及び運用に関する事項の監督の
  に行わなければならない。

第48条の2  <電気通信番号の基準>
  電気通信事業者は、電気通信 を用いて電気通信役務を提供する場合に
 おいては、その電気通信番号が総務省令で定める基準に適合するようにしなければならない。
2 前項の基準は、これにより次の次項が確保されるものとして定められなければならない。
 (1)電気通信番号により電気通信事業者及び利用者が電気通信設備の 又は
   電気通信 の種類若しくは の識別を明確かつ容易にできる
  ようにすること。
 (2)電気通信役務の提供に必要な電気通信番号が十分に確保されるようにすること。
 (3)電気通信番号の ができるだけ生じないようにすること。
 (4)電気通信番号が かつ 的に使用されるようにすること。

     *電気通信番号= 電気通信事業者が電気通信役務の提供に当たり送信の場所と受信の
        場所との間を接続するために電気通信設備を識別し、又は提供すべき電気通信役務
        の種類若しくは内容を識別するために用いる番号、 その他の
         をいう。

第48条の3  <適合命令>
  総務大臣は、電気通信事業者が他の電気通信事業者と電気通信設備の接続をしている場合に
 用いる電気通信番号又は電気通信事業者が公共の利益のため に行う
 ことを要する通信を取り扱うために用いる電気通信番号が前条第1項の総務省令で定める基準に
 適合していないと認めるときは、当該電気通信事業者に対し、その基準に適合するように当該
 電気通信番号を変更することを 、又はその使用を すること
 ができる。