トップページ

Windows10 1903 への更新があります。(1809や1803の方へ)

Windows10の更新について

Windows Updateの手動チェックは、Windows 10の設定画面で「更新とセキュリティ > Windows Update」を選択し、「更新プログラムのチェック」をクリックすることで実行できます。チェック後「Windows 10、 バージョン1903の機能更新プログラム」が表示されたら、その下にある「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックしてインストール可能です。

なお「今すぐダウンロードしてインストールする」機能は、Windows 10に最新導入された、機能アップデートと累積アップデートを別のタイミングでインストールするための機能です。 MicrosoftはWindows 10 Version 1903のロールアウトに関し、不具合のため公開が一時停止となったWindows 10 Version 1809反省をふまえ、より慎重なアプローチを取るとみられていました。Windows 10 Version 1903はこれまでのところ公開が中止になるほどの致命的な不具合は発見されておらず、まずは順調にロールアウトが進んでいるといえそうです。

Microsoftが5月22に公開したWindows 10の大型機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update(Version 1903)」の提供範囲が拡大し、
Windows Updateの手動チェックを利用して、全ユーザーがダウンロード可能となりました
アップデートの方法は、いつものように 
設定→更新とセキュリティー→Windows Update→更新プログラムのチェック
で、1903へのアップデートが可能と表示されれば、可能です。この更新は、通信速度とパソコンの能力によりま すが、時間がかかります。  
私の場合は、4時間くらいかかりました。ですから、時間の十分余裕があるときに実施してください。

バージョンが、1809や1803の方で、ななかアップデートが始まらない理由

マイクロソフトが、ユーザーのパソコンのアップデート進度を管理して、1903にアップデート可能なレベルにまでアップデートが完了してからでないとゴーサインを出さないようです。  
さらに、サーバーの対応能力や回線キャパなどから、アップデートの順番を決めていると考えられます。

更新に関する、インターネット上の情報を下記に表示します。参考にしてください。

バージョン1903は5月21日から「更新プログラムのチェック」をクリックしたユーザーに対する段階的な提供を開始し、徐々に提供対象を拡大していた。Windows 10 バージョン1803/1809では5月に提供された累積更新プログラム(KB4499183/KB4497934)がインストールされていれば、
「Windows 10、バージョン 1903の機能更新プログラム」が利用可能になったと表示され、「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックするまで処理は開始されない。
ただし、11月12日にサービスが終了するバージョン1803は6月以降順次自動更新されるということなので、このオプションがいつまで利用できるのかは不明だ。  

May 2019 UpdateはOctober 2018 Update(バージョン1809)での大失敗を教訓に、Windows Insider Programのリリースプレビューリングでは4月8日から、4本の累積更新プログラムを含む1か月以上にわたるテストが行われた。

4月に発表されていた通り、Windows 10バージョン1803/1809では月例更新プログラムと機能更新プログラムを個別にインストール可能にする累積更新プログラム(バージョン1803用: KB4499183/バージョン1809用: KB4497934)が同日リリースされている。これらの更新プログラム適用後は「設定」アプリの「更新とセキュリティ→Windows Update」で「更新プログラムのチェック」のクリック後に自動でインストールされるのは品質/セキュリティ更新プログラムのみとなる。

機能更新プログラムに関しては、利用可能な場合に追加のオプションが表示されるのみで、このオプションを選択するまではダウンロードもインストールも実行されない(解説動画)。ただし、サービス終了が近付いているバージョンのWindows 10では機能更新プログラムが自動インストールされる。Windows 10バージョン1803は11月12日にサービス終了となるため、6月以降は順次更新が行われるという。

なお、May 2019 Updateは徐々に提供対象を拡大している段階なので、オプションが表示されるまでに時間がかかる可能性もある。Windows 10のダウンロードページで入手可能な更新アシスタントやメディア作成ツールはMay 2019 Update対応版に更新されているため、すぐにインストールしたい場合はこちらを利用するといいだろう。