子どもに贈る読書ガイドブック
5、6才〜10才前後のために

2002年2月発売


私が子どもの本屋にかかわりましたのは、40才になったばかりのときでした。それから25年、子どもと親そしてその周辺のことに、私なりの現場の目と心で向き合ってまいりました。
その中で、前作『赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック』―0才から3才のために―では、一番大切な母と子の時の手がかりになればと、本以前の、大人と子どものかかわりの大切さを書きました。
今、話題になっているブックスタート以前の1995年のことです。
その本はとても小さく目立たなく、マスコミにも殆ど取り上げられなかったのに、全国のお母さんたちに読まれ続け、かなりの部数が今もどこかで読み続けられています。
一度読んだ方が出産祝いなどに添えてくれるのでしょうか。
全国の図書館、公民館などからも招かれ、若いお母さん方の前でお話することもふえてまいりました。
そして、この続きが読みたいと多くの方々のお声をいただきました。
長い前置きとなりましたが、今回の『子どもに贈る読書ガイドブック』―5、6才〜10才前後のために―は、前作につづく私の私なりのメッセージです。
今、若いお母さんもふくめて、文字の多いものは敬遠されると聞き及んでおりますので、前作の赤い本では本当にふうわりと「これだけは読んでね」という書き方をしました。
今回、5、6才から小学校中学年前後の子を育てている母親、父親、そして先生方には、現実に向き合っていただきたくて、文章の多いまとめとなりました。
最後まで、読み通していただけることを念じつつの、拙著となりました。

2002年2月 田中裕子

目次

  5、6才から小学校低学年前後の本のこと
   ・5、6才からの絵本 童話のこと
   ・本を読んでもらうこと その1
   ・本を読んでもらうこと その2
   ・テレビ・ビデオとのつきあいかた
   ・自然が与えてくれるもの…<内容紹介>
   ・美しい日本語
   ・日本の絵本 外国の絵本
   ・敬老の日 雑感
   ・祖父母からのおみやげ
   ・老人と子どもの本
   小学校中学年前後の本のこと
    ・本を読む子、読まない子
    ・ナンセンス・ユーモアの本で笑いたい
    ・自然科学の本も好き
    ・推選図書 課題図書について
    ・先生、私たちに本読んで!
    ・小学校の図書室も好き
    ・戦争、平和、性の本のこと、など
お父さん お母さんにお薦めしたい本

5、6才から小学校低学年前後のために選んだ本
小学校低学年前後のために選んだ本
小学校中学年前後のために選んだ本
自然科学の本のリスト(5、6才から小学校中学年前後)

                                   あとがき


ホーム

◆ 画像、テキストの無断使用、複製、リンク、転載は、著作権侵害となります。◆