めざせご長寿 健康かるた
☆ 読売新聞記事掲載 2004年(平成16年)1月9日(金曜日)

どうぞ お元気で長寿かるた

「物忘れしたから何だ 気にするな」「年寄りの笑い声には福が来る」――。健康で長生きするコツを軽妙な言葉でまとめた「めざせご長寿健康かるた」が発売された。老人施設のボランティアを二十年以上続ける男性が文案を考えた。大勢で遊んで大きな声で読み上げれば、元気もわいてきそうだ。
 かるたを作ったのは、児童書の出版社「グランまま社」(東京)。同社が一昨年、昭和初期のかるたを復刻したことを知った東京都の高島和男さん(60)が、文字札を送ってきたのが製作のきっかけ。 
高島さんはボランティアの経験から、明るいお年寄りの姿や、元気であってほしいという願いを込めて、文字札を作りためたという。
「世話好きでマメなお人はボケません」「無理とおすすじいさん仲間が減っていく」など、四十八枚の文字札には読んでいてふと笑みがこぽれる言葉も多い。ユーモラスな絵は、新進のイラストレーターで絵本作家の石井聖岳(きよたか)さんが手がけ、明るく湿かみのある仕上がり。札も大きめで使いやすい。
 同社の田中裕子杜長は「様々な集まりで世代を超えて使ってほしい」と話す。千八百九十円。問い合わせは同社(03・3439・2301)へ。


★女性ニュース(10/30)、毎日新聞(11/7)、ラジオニッポン放送(11/18)、ラジオ秋田放送(12/17)、高知新聞(12/17)でも紹介されました。
 以後も、共同通信社、時事通信社配信の地方新聞各紙、雑誌、各地方のミニコミ紙などに掲載の予定。

「めざせご長寿健康かるた」へ戻る
ホーム