催しのご案内

2001年7月13日(金)〜9月9日(日)
“したきりすずめ”のお宿はど〜こ?  案・制作 野口光世
   −子ども参加型 お話シリーズ第3弾−

★お客さまから、感想をいただきました!

日本五大昔話の一つ、
『したきりすずめ』のお話をしっていますか?

だれから聞きましたか?

地方によって少しずつお話が違いますが、おじいさんの留守の間に、雀がおばあさんの作った糊をなめてしまいました。
怒ったおばあさんは雀の舌を切ってしまったので、雀は泣く泣く雀のお宿に帰るところからはじまります。
さあこれからどんなお話になっていくのでしょう。
大きくて重いつづらと小さくて軽いつづらも出てきますね。

あなたはだれになってみたいですか?
やさしいおじいさん? こわいおばあさん? 牛方? チュンチュン雀?
※ 昔話どおりのお話に入っていってもよいし、
  自分で創作して演じてもおもしろくなりますよ。

資料協力 : アン・ヘリング(児童文化史研究家)

前回の『ももたろう』に引きつづき、日本の錦絵・おもちゃ絵・引札などの貴重な蔵書の一部を、複製画として展示で見ていただけます。


これまでの催しに戻る
ホーム
>