イメージ画像
イメージ画像
東京テクノ・フォーラム21
産業・学界・官界の先端科学技術の情報と参加企業を太い絆で結ぶ
研究交流会
2002年(平成14年)開催実績
●第65回 2002年12月2日
ガン、HIV…有機フラーレンで拓くナノサイエンス 中村 栄一 東京大学大学院理学系研究科教授
●第64回 2002年10月18日
国産環境技術・光触媒への期待と課題 橋本 和仁 東京大学先端科学技術研究センター教授
●第63回 2002年9月18日
細胞の自然死とガン克服への道 多比良和誠 東京大学大学院教授
●第62回 2002年6月20日
土壌汚染対策法とバイオレメディエーションへの期待 矢木 修身 東京大学大学院教授
●第61回 2002年5月15日
肺がん、感染症への期待が高まるDNA粉末療法 岡本 浩一 名城大助教授
●第60回 2002年3月15日
超ミニ産学協同が突き破った 排ガス環境基準とメカニズム 河野 雅弘 高知工大教授
●第59回 2002年2月14日
生体免疫システムの解明 ―TLR9への期待 審良 静男 大阪大微生物病研究所教授
●第58回 2002年1月24日
ナノテク最新事情 日本の勝機とその課題 川合 知二 大阪大産業科学研究所教授