Nepenthes carunculata  Danser




N.bongsoに類似しています

ネペンテス カルンクラタ  本種は、スマトラに固有の高地性種です。本種は、ふたの一番上に付属物があること等から、Danser によって、N.bongso とは区別されました。しかし、近年の研究では、必ずしもそうでない事がわかり、現在では両種を区分するかどうかは微妙となっています。
 本種の自然交配種は知られていませんが、N.bongso にはいくつかの自然交配種が知られています。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

N. carunculata var. robusta

 この変種は、がっしりとした外観で特徴付けられる。ロゼットの葉は、幅の 2.5倍に達する。葉の縁は波状で、つるは通常、葉身の頂点から最大 1cm 下に入ったことろから出ている。ロゼットの袋の襟は極めて明瞭で、幅は最大 4cm に達する。
 この変種は、Gadut 山の標高 1,800m のところの、鮮苔林の開けた場所に産し、同じ自生地で、N.inermisN.gymnamphora と共生している。これらの種との交配種も観察されている。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2014  JIPS, KNAKAI