Nepenthes diatas  Jebb & Cheek




N.singalana に似た高地性種です

ネペンテス ディアタス  本種は、スマトラ北部の低山地帯の低木林や鮮苔林の、標高 2,500m 付近に自生します。
 N.singalana のグループに属し、膨れた管状の上の袋が、N.singalanaN.spathulata に似ていますが、襟が紙質ではなく木質であることが異なります。
フォームや変種は記載されていません。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 本種は、バンダーラ山の低山地帯上部と草原に豊富に産する。草原に自生している植物はがっしりしているが背は低く、ほとんど木質の肉厚の壁と襟を持つ。しかしながら、森林の内部に自生しているものは、茎は良く攀じ登り、ずっと柔らかい袋を着ける。一般に、下の袋も上の袋も、下の部分は卵形で、上部は円筒形である。両者の主な違いは、空中の袋では、狭い円筒形の襟を持った薄くて丈の高い袋を着けるのに対し、下の袋は幅が広くずんぐりしていて、より広い襟を持ち、縁歯はより長く明瞭である。下の袋は美しく素晴らしい。空中の袋は概してそれほど印象的ではないが、鮮やかな赤あるいは黄色の色彩と、規則的に袋を着けることから、開けた自生地に生える背の低い植物は外見上、全体的に魅力的である。

 本種は N.singalana と非常に近縁であるという説があり、より木質の襟が異なる(N.singalana では紙質)と言われる。しかし、その説を唱えた学者は、開けた植生の場所で採集されたがっしりとした標本を基に議論している。袋はもっと繊細で、鮮苔林を攀じ登るフォームのものはそれほど常にがっしりしるとは限らないし、Kerinci山地域に産する N.singalana と非常に良く似ている。この両種を区別するのに使える信頼できる特徴は極めて少ない。最も明白なのは、雄花と雌花のがく片の形で、本種では両方同じであるが、N.singalana (それに N.densiflora)では異なっている。

 バンダーラ山に自生する他の Nepenthes は、N.spectabilisN.mikeiN.rhombicaulisN.tobaica である。これらの中で、N.mikei のみが本種と相性が良く、これらの自然交配種が、バンダーラ山の標高 2,300 - 2,700m の地点で観察される。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2014  JIPS, KNAKAI