Nepenthes hurrelliana  M.Cheek & A.Lamb




大きな襟が特徴的な新種です

ネペンテス ヒューレリアナ  本種は、ボルネオ産の高地性種です。サラワク北部、ブルネイ、サバ南部に分布しています。  本種の美しい下の袋は、長さ 30cm にも達します。捕虫袋は、褐色を帯びた紫色の斑点に富み、非常に幅の広いストライプ模様の襟を持ち、それは口の後ろの首にまで伸びています。植物体は長い褐色の毛に深く覆われています。
 本種は長い間、N.veitchiiN.fusca との自然交配種と考えられて来ましたが、最近の詳細な研究により、独立種として認められました。上の袋は、N.fusca と似ていることがありますが、下の袋はまるで違っています。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 ■■■
 ■■■
 ■■■

 N.■■■
 Nepenthes
 ■■■

 ■■■
 ■■■
 ■■■

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2014  JIPS, KNAKAI