Nepenthes lingulata  Chi.C. Lee, Hernawati & P. Akhriadi




ふたの下面に特徴的な細長い付属物があります

ネペンテス リンギュラタ  本種は、Ch'ien Lee 氏によって北スマトラで発見された高地性種です。
 本種の特徴は、ふたの下面に非常に細長い付属物があることです。本種の種小名は、この特徴から命名されました。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 本種の種小名は、ふたの下部に着いた舌状の付属物に由来する。
 本種は最近記載された N.izumiae に最も近縁であるが、ふたにきわめて長い糸状の付属物が着いている点で異なっている。同様に、ふたの形が三角形であること(N.izumiae は円形)、蜜腺の位置、非常に濃くて長い軟毛が生えていること、で異なっている。
 多数の Nepenthes に、ふたの基部の下面に腺突起や小さな出っ張りがあるが、本種のように非常に発達した付属物を持つものは、極めて独特である。多くの種で、このような器官に蜜腺が存在することは、獲物を引き付ける中心的な役割があることを示しているが、通常はふたのどこかにも蜜腺があるものである。本種では、ふたの下面にまったく蜜腺がなく、そのような蜜腺が見つかるのは付属物の先端のみである。昆虫が訪れると、この細長い糸状の付属物の先端に引き寄せられ、足場が乏しいために足を踏み外し、すぐ下にある消化液の中に落ちてしまうのである。同様のメカニズムが、ボルネオ産の N.bicalcarata にも見られる。そちらは 2本のつのが同様な役割を果たすが、これらはふたというよりは襟の構造物である。

 本種はバリサン山塊に固有の種で、スマトラの西の骨格となっている。本種はタイプ標本の産地でしか知られておらず、そこは、北スマトラの Padang Sidempuan の南に位置する。
 本種は、上部低山地帯の鮮苔林に自生する。地生、着生の両方がある。
 自生地では本種は、N.bongsoN.dubiaN.gymnamphoraN.jamban と共生しているが、本種を含む自然交配種は記録されていない。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2015  JIPS, KNAKAI