Nepenthes longifolia  Nerz & Wistuba




N.sumatrana に似ています

ネペンテス ロンギフォリア  本種はスマトラの固有種で、その名前は、その細長い葉にちなんで命名されました。
 N.sumatrana のシノニムとする説もあります。
 西スマトラの Tjampo 山系の、標高 300m - 1,000m 地点で発見されました。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 
 本種は、西スマトラの Tjampo 山地で採集した標本を基に記載された。この地域では、本種は砂岩の急な斜面の低地性の常緑熱帯雨林の茂みの中に地生する。茎は良く攀じ登り、10m かそれ以上になることもしばしばである。比較的、ロゼットに袋がつくことは少ない。これらは中央部分に明瞭なヒップを持ち、ヒップから口にかけては円筒形である。つるは通常極めて長く、時に 1m を超えることがある。ロゼットはしばしば垂直に配置し、葉は急な斜面や崖に逆らって広がっている。空中の袋はロゼットの袋よりも大きく(しかしつるはもっと短い)、より頻繁に形成される。それらは、下の部分がトランペット形で、上が円筒形である。襟には通常前面に窪みがあり、1つか 2つの小さな山形に折れた部分を形成している。

 本種は、インドネシア領の西スマトラに産するが、北スマトラにも自生している可能性がある。低地の深い日陰の場所に地生するか、低山地帯の森林の急な砂岩のスロープや尾根に自生する。そのような傾いた場所に生育するために、ロゼットの葉は、しばしばほとんど垂直を向いている。水平分布は広い。

 本種は、N.sumatrana と非常に近縁で、葉と茎の大部分が同じ外観である。本種と N.sumatrana の相違点は、上の袋が全体的にいくぶん円筒形であること(対して後者はトランペット形)、花柄に着く花の数は 2つだけであること(対して 1つ着くものも 2つ着くものもある)、上の袋の消化腺帯がヒップの上にまで及ばないこと(対して全体に腺がある)である。これらの種の上の袋は容易に区別できるが、本種と N.sumatrana の両方が、花柄に 1つおよび 2つの花を着ける花序を持つ。本種は、N.sumatrana のシノニムとされたことがあったが、両種の間には安定していて重要な差異があるので、別々の種とすべきである。これらの違いを下の表に示す(この表に示されている本種の特徴は、西スマトラのタイプ標本の産地から得た植物によるものである)。

 本種は、北スマトラの Sibolga から Tarutung に至る道路沿いに普通に見られ、N.ampullariaN.gracilisN.rafflesianaN.reinwardtianaN.tobaica と共生している。この地域の植物は西スマトラのものとは異なっていて、葉の基部は節間を沿下せず、葉の縁に生えている毛は抜けやすく、深い植生の場所同様、開けた場所でもコロニーを作ることが出来る。これらの植物は、Macfarlane の N.beccariana と類似点があり、そのタイプ標本は Pulau Nias で採集された。これは、Sibolga から 120km 離れた場所である。N.beccariana はかつて N.mirabilis のシノニムとされたが、しかし最近になってタイプ標本が再び研究され、それらの種の間には首尾一貫した強い違いがあることが明らかにされた。これは N.beccariana を再び独立種とすることを提唱するものである。もし、N.beccariana と本種が同じであることが示されたとしたら、N.longifolia という名前は N.beccariana のシノニムとなってしまう。

 西スマトラの Tjamop 川付近では、本種は、N.adnataN.albomarginataN.ampullariaN.eustachyaN.gracilisN.reinwardtiana と共生している。しかし、N.eustachya との自然交配種しか知られていない。Tjampo 山では、本種は多数の離れた場所にパッチ状に生育しており、N.albomarginataN.eustachyaN.reinwardtiana と共生している。それにもかかわらず、本種の自然交配種は非常に稀で、2001年現在、たった 1つ(N.eustachya × N.longifolia)が記録されているのみである。

本種を N.sumatrana と区別するための性質
性質N.sumatrana N.longifolia
ロゼットの葉のつる長さ 60cm 以下長さ 110cm 以下
下の袋
高さ通常、つるの 1/5 の長さ通常、つるの 1/10 の長さ
未成熟のロゼットの袋下部は卵形、中央部にヒップがあり、ふたは卵形 下部は卵形、中央部にヒップがあり、ふたは卵形
成熟した植物から生じたロゼットの袋 全体的に卵形、ヒップは襟のすぐ下、口に対して 45°の角度でくびれがあり、ふたは円形 未成熟な植物のロゼットに着くものと同じ
上の袋
香り甘いフルーティーな香り香りはない
全体的にトランペット形、ヒップは襟のすぐ下、ふたは円形 下 1/3 はトランペット形、ヒップと口までは円筒形、ふたは通常卵形で、稀に円形
N.rafflesiana のように前部が盛り上がる 決して N.rafflesiana のように前部が盛り上がらないが、窪みがある
分布する標高海抜 0 - 800m海抜 300 - 1,200m

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2015  JIPS, KNAKAI