Nepenthes rhombicaulis  Sh.Kurata



断面が菱形の茎を持つ、珍しい Nepenthes です。

ネペンテス ロンビカウリス  本種は、北スマトラの Pangulubao 山に産しますが、詳しいことは不明です。断面が菱形の茎を持つことから種小名が命名されました。
 トバ湖周辺の山々で普通に見られ、ふたの下面の先端に付属物があるといわれています。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 本種は、スマトラで最も印象的でない Nepenthes であろう。ロゼットの袋のサイズは小さく、全体的に変形していて、しばしば石や根や落ちた小枝などの岩屑の厚い層の下で生育していて、植物が正常に生育するのを妨げられている。その色は、くすんだ緑色から紫色の斑点の着いた明るい赤色のものまで様々である。空中の袋は生成されないか、非常に稀である。空中の袋を観察したという記録はあるが、本種のものかどうか疑問が残る。証拠となる標本がないため、これらの袋の結論を出すのは困難である。

 本種は、インドネシア領北スマトラのいくつかの山、とりわけトバ湖周辺の山に産する。本種の記載に合致する植物は、アチェの Bandahara 山でも記録されている。
 本種は、深い日陰の低山地帯の森林に地生する。普通は、下部低山地帯の急斜面の上で見られるが、上部低山地帯でも記録されている。

 下の袋はしばしば、森林の表土を覆う岩屑や腐葉土の中に埋もれて成長し、結果として変形した外見となる。このようにして成長した下の袋は、完全に地面の上で成長した袋の約 2倍の大きさになるという。これは地下に住む昆虫を捕らえるために適応したとの仮説があるが、袋の内容物は調査されていない。

 自生地では本種は、N.flavaN.ovataN.spectabilisN.tobaica と共生している。これらの種全てとの自然交配種が記録されている。Pangulubao 山では、本種の自生高度より 100m 高いところに、N.mikeiN.xiphioides が自生している。

 Kurata のタイプ標本の図では、ロゼットの袋のふたの下面の頂点に小さな付属物が示されている。これは独特な特徴であるが、タイプ標本の複製にはこの付属物はないという。一説には、この付属物は生育途中に見られる欠陥で、重要な意味はないという。最近のタイプ標本の産地での調査では、この解釈が支持されている。この付属物を持つのは少数のみで、大部分は持たないという。

 本種の茎は良く攀じ登り、時々 30m を越える長さに達することもある。典型的な自生地は、急な斜面の上の下部低山地帯の深く低い森林である(低山地帯上部の森林の日陰の場所にも生育する)。このような自生地には、他の Nepenthes はほとんど自生しないが、例外は、スマトラとジャワの N.gymnamphora と、ボルネオの N.hirsuta である。本種は、形態的にこれらの種と非常に良く類似しているが、とりわけ N.gymnamphora と似ている。
 本種は、N.pectinata と、形態と自生地が非常に良く似ているが、後者を N.gymnamphora のシノニムと考える学者もいる。

 Kurata は、本種が、トバ湖周辺の山々で普通に見られると示唆しているが、少数の標本しか存在せず、今までのところ確実に知られている所は、Pangulubao 山塊と Lubukraya 山だけである。このことの説明としては、本種が産するような自生地には、Nepenthes を期待してくる探検者が少ないことや、目立たないので見落とされてしまうことが考えられる。もしかしたら、Kurata が指摘したように、本種の地理的分布範囲はもっと広いのかも知れない。

 本種に良く似た分類群は、アチェのバンダーラ山にも産する。しかしながら、これらの植物はもっと小さく、N.xiphioides (それらは、Pangulubao 山にも産し、N.pectinataN.gymnamphora のシノニムとされている。)に似ている。ここではそれらを一時的に本種として扱う。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2010  JIPS, KNAKAI