Nepenthes singalana  Becc.



スマトラ産の高地性種ですが、他の種と混同されがちです

ネペンテス シンガラナ  本種は、スマトラの低山地帯の、標高 2,000 - 2,900m の範囲に自生します。
 パダン周辺の山々に産する典型的なフォームでは、紙質の膨らんだ管状の捕虫袋を持ち、襟はわずかに広がっていて、葉の先端は尖っていて、ふたは卵形で、下面全体に唇形の腺が無数に分布します。
 N.diatasN.pectinataN.spathulata は本種と非常に良く似ていて、混同されがちです。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 本種は、パダンハイランドの Singgalang 山の Odoado Beccari でオリジナルが採集されたが、ヨーロッパ人によるスマトラ探検の初期の成果のうちの一つである。本種はそれ以来、西スマトラとジャンビの多数の山々で発見された。本種は概して、海抜 2,500m 以上の低山地帯上部の森林に固有であるが、高度 2,000m の低い場所でも記録されてきた。通常、山頂の尾根の開けた場所に地生するが、時々鮮苔林に着生することもある。

 タイプ標本の産地では、本種の下の袋は、下部が細い卵形で、上部が円筒形である。ふたは円形で、襟の縁歯は非常に長くて、リブは盛り上がっている。空中の袋は、全体的にいくぶん円筒形であるが、下部はわずかに膨れている。本種の袋と襟は、木質ではなく紙質といわれている。上の袋の構造は、本種を N.bongsoN.ovataN.densiflora から区別する良い方法を提供している。これらは全て、全体がトランペット形をした上の袋を着けるからである。そのほかにも様々な区別する方法があり、それぞれの種の欄で述べられている。

 本種は、その分布範囲内で様々な形態的変異がある。Tujuh 山と Kerinci 山の植物の下の袋は、非常にがっしりしていて、明瞭なリブのある幅の広い襟を持っている。上の袋は、上部は本当のトランペット形ではないが、ヒップよりも口の近くでわずかに広がっている。これらの袋では、襟は非常に狭い。本種に似た植物が、Bukittinggi(Talamau 山と Malintang 山を含む)より北のいくつかの山でも記録されている。しかしながら、これらの植物は他の地域のものと比べて、いくつかの重要な違いがあり、まだ記載されていない別の種の可能性がある。このように、パダンハイランドが本種の北限であると考えられる。Malintang 山の北に位置する主要な山である Sorik Merapi 山と、トバ湖地域には、本種は産出せず、アチェでは、N.diatas に取って代わられる。この種は本種と非常に近縁であると考えられる。N.diatas が、本種のよりがっしりとしたバージョンであるという説もあるが、それでも、種のレベルで区別する価値はある。これらの種の相違点は、N.diatas のページで議論されている。

 もう一つ、本種に非常に近縁なのは、N.spathulata である。両種の分布範囲は、ジャンビで重なっており、Masurai 山の個体群は、両種に似た袋を着ける。下の袋は、より幅の広い襟と、より短い縁歯を持つものがある。これらの植物は、本種なのか、N.spathulata なのか、区別するのが非常に困難で、この地域では、一方の分類群が他方にブレンドしている可能性がある。そしてこの地域は、N.spathulata の分布の北限であり、本種の分布の南限である。Masurai 山では、N.spathulata であるか本種であるか、明瞭に区別できる個体は観察されていない。

 本種の交配種は比較的稀である。これは、本種と共生する Nepenthes が少ないからと考えられる。スマトラ産の Nepenthes は、本種より低い高度に分布するものが大部分で、交配する可能性も低いのである。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2010  JIPS, KNAKAI