Nepenthes spectabilis  Danser



すらりと細長い上の袋が特長です

ネペンテス スペクタビリス  本種は、スマトラ北部の、アチェ州からトバ湖にかけて、標高 1,450 - 2,000m の亜高山性の低木林に自生します。
 本種は非常に個性的で、他の種と間違えることはないでしょう。披針形の葉身は波打っており、有柄で、毛の生えた葉腋が特長です。上の袋はすらりと細長く、糸状の突起のある翼は、襟の直下にのみ見られます。口は長細くて、首に向って尖っており、襟は平坦で、ふたの近くでは幅が広く、距は長くて分岐しておらず、密に軟毛が生えています。ふたは卵形から心臓形で、腺は幾分中央部に限って分布します。

[ご注意] お使いのブラウザ / システムでは、情報を正しく表示できません。

 本種は、スマトラ北部に広い地理的分布範囲を持つ印象的な種である。オリジナルは Sibayak 山で採集された。下の袋は地味で、いくぶん円筒形をしており、褐色の斑点が濃く着いている。しかしながら、空中の袋は良く目立ち、背が高くて細長く、全体的に暗褐色のパッチがついている。襟はしばしば明るい緑色で、袋の外表面とのコントラストは最も魅力的である。本種の区別の目安となる特徴は、非常に長い、分岐しない距で、長さ 30mm に達することもある。

 本種は、他の種と容易に間違えることはないと言われていた。しかしその後、アチェで記録された 2つの分類群が本種と類似していることが明らかになった。1つ目は N.lavicola で、2つ目は未記載種である。未記載種の外観は、本種と N.lavicola の中間的なもので、これらの種のどちらも、その未記載種の自生する場所には生育していない。N.lavicola は、アチェ中央部の Takengon 周辺の山々でしか知られておらず、そこで採集された標本が本種に含められたことがあった。しかしながら、本種は、その花序によって容易に N.lavicola と区別できる。後者には非常に長い苞があるからである。

 本種は、インドネシアの北スマトラとアチェの固有種である。本種の分布範囲は、南はトバ湖地域から、北はケミリ山までである。垂直分布は、海抜 1,400 - 2,200m である。

 本種の Bandahara 山のフォームは、非常に大きく、通常では見られない、波打った襟を持つ。植物は水苔の中で成長する。1996年に、本種の下の袋と上の袋の獲物の両方を調べたとところ、このフォームでは甲虫が優勢であった。消化液の中で、カの幼虫も発見されている。
 本種の典型的な自生地は、深い鮮苔林や、鮮苔林の上の尾根の空き地である。タイプ標本の産地では、“高山の森林や低木林”と記録されている。茎は良く攀じ登り、通常地生であるが、着生することもある。本種にはいくつかの地理的な変異がある。タイプ標本の産地である Sibayak 山の個体群は、全体的に比較的幅の広い上の袋を持つが、Pangulubao 山のものはもっと狭い。トバ湖の西側では、上の袋が特にほっそりしている。袋の外表面の暗褐色のパッチがないものも、Siluatan 山で記録されている。毛の生え方が違うものもかなりある。ある産地では、長くて非常に濃く生えているが、別の個体群ではほとんど無毛のものもある。

 本種は、数種類のほかの種と共生することが知られている。その中には、N.pectinataN.mikeiN.ovataN.rhombicaulisN.rigidifolia などが含まれる。これらの種との交配種もいくつか記録されている。

ホーム| 種名検索| このページの見方| 参考文献
© 1998 - 2010  JIPS, KNAKAI