N. ampullaria  

 Nepenthes ampullaria Jack
 ネペンテス アンプラリア

ネペンテス アンプラリア
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア

 この写真とこの下の写真は、イリアン・ジャヤ (ニュー・ギニア島 の西半分) の Tayeve で、Andreas Wistuba 氏 が撮影されたものです。
 つる状の茎に、いくつもの捕虫袋がロゼット状に付いています。

 本種の栽培は簡単で、高温多湿な低地性 Nepenthes の栽培環境を作ってやればよいのですが、この写真のものは、海抜 1,000m 付近で発見されたものです。
 N.ampullaria と言えばすべて低地性と思いがちですが、高地性のものも存在するのです。
 普通の N.ampullaria に比較して、非常に大型のフォームです。

ネペンテス アンプラリア
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア

 現地人ガイドと、捕虫袋の大きさを比べてみてください。もうびっくり仰天ですね。彼が握っているのが、N.ampullaria の茎ですが、上をたどっていくと、きっと大きな葉がたくさん付いていることでしょう。

ネペンテス アンプラリア
©  Johannes Marabini

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア

 こちらの写真は、サラワクのクチン付近で Johannes Marabini 氏 の撮影されたものです。
 本種は、N.gracilisN.mirabilis と同じように、ボルネオ、スマトラ、インドネシアで最も普通に見られる種類です。暗くてジメジメした場所を好みます。
 このように地面の上に並ぶ捕虫袋は、時に直径 10cm にもなり、地面の上を這いまわる獲物を捕らえます。

 栽培に際しては、大きな鉢を使った方が良いでしょう。そうすれば、根元の部分からたくさんのシュートが出て立派な子持ち株になります。

ネペンテス アンプラリア
©  Borneo Exotics

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア
( グラウンドピッチャー、自生地 )

 本種は、ボルネオ、タイ、スマトラ、マレー半島、ニューギニアの湿った低地の森林で見られます。ずんぐりしたポット型の下の袋は通常、森林の表土を覆う腐葉土の中で、基部に生えたロゼットに着きます。上の袋はまれです。普通に見られる色は、緑色か斑点のついたフォームです。

ネペンテス アンプラリア
©  Borneo Exotics

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア
( カントレイ ズレッド、ロゼット、自生地 )

 この写真は Cantley's Red と呼ばれる非常にまれなフォームで、ボルネオの幾つかの地域で発見されています。

ネペンテス アンプラリア
©  Borneo Exotics

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア
( カントレイ ズレッド、下の袋、自生地 )

 これは、ふたが開く前の袋の写真です。袋の口はふたと同じく長細い形をしていますが、ふたが開くと円形に近い形となります。

 本種の栽培は、高湿度さえ維持できれば、比較的簡単です。

ネペンテス アンプラリア レッド
©  Johannes Marabini

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア レッド

 こちらの写真は、Johannes Marabini 氏 の撮影されたアンプラリア レッド です。

ネペンテス アンプラリア レッド
©  Johannes Marabini

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア レッド

 こちらの写真も同じく、アンプラリア レッド のグラウンドピッチャーです。

ネペンテス アンプラリア レッド
©  JIPS

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア レッド
( ロゼット、栽培品 )

 こちらの写真は国内の栽培家の方の写真で、アンプラリア レッド のロゼットに着く袋です。

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ウイリアムスレッド × ハーレクインオールレッドピッチャー )

 ここから13枚の写真は、猪熊氏の栽培品です。

 ロゼット葉に出来た袋です。何れの両親も濃い赤系統ですので、本種も非常に赤くなる様です。袋が老成してくると、襟のエッヂ部分の色が更に増すことが多い様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ウイリアムズレッド )

 非常に濃い色彩になる様です。リップの色が中々渋くて良い感じです。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ハーレクイン )

 赤地に黒の斑模様が入ります。リップも赤くなります。ライムトゥイストも同一模様ですがリップはグリーンでストライプの入る所が異なる様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ビッタータ )

 こちらのビッタータは、リップがグリーン一色でみずみずしい感じがします。親株は未だ20cm程度ですが、沢山のグランドが発生しました。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ブルネイグリーン )

 目の覚めるようなライムグリーンで、レッドと違った美しさがある様に感じます。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ブルネイレッド )

 最初はグランドでしたが、最近はロゼットに補虫袋が付いていますので、見応え半分と云うところでしょうか。色合いは濃くとても丈夫な種です。しかも、アンプの中では特に成長が早く、1年で1m程度伸長しました。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ブルネイレッド×ハーレクイン )

 こちらも両親共に赤身の濃い系統ですので、色合いが濃いですが、何れも赤系統の種はさほど違いが無い様に思います。ロゼットに付いたものです。本種もとても成長が早く、優良種と思います。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ブルネイレッドスペックルド )

 基本的にはビッタータですが、斑模様の色合いがやや赤っぽく濃い目の感じがします。補虫袋は時間の経過と共に、リップにシブが出てくる傾向にあります、親芽は10cm程度ですが、徐々にグランドが増えてきました。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ブロンズナビレ )

 名前の通り、少しずつですが、襟が独特なブロンズ色になってきました。斑模様は現在やや赤っぽい感じですが、成体になると黒色に近くなる様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ホットリップ )

 グリーン地に、リップが臙脂色に染まる種で、中々コントラストが良いと思います。ロゼットにできた袋ですので、やや見栄えが悪いですが、小鳥の雛が口を開けている様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ボルネオサンセット )

 フォームはホットリップと同様ですが、こちらのリップは鮮やかに光る様なピンク〜赤色になりとても美しいと思います。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( ライムトゥイスト )

 袋表面の色合いや斑模様等ハーレクインと殆ど変りませんが、こちらはリップが緑色でストライプが入るケースが多い様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  Kiyotaka Inokuma

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( レッド )

 こちらのレッドは、明るい赤色が特長で、リップの色が何とも言えない感じがします。時間の経過と共に、リップの色は褪せて黄色っぽくなっていきます。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス アンプラリア
©  JIPS

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア

 本種は、捕虫袋の色にさまざまな変異が見られ、緑色のもの、赤色のもの、緑地に褐色の斑点のあるものなど様々で、捕虫袋本体と襟とで異なる色彩を持つものもあります。
 写真のものは、緑一色のもので、園芸的には N.ampullaria Green などと呼ばれます。

 種子から発芽してまだロゼットを作っているときは捕虫袋を良く付けますが、節間が伸びて上によじ登るようになると捕虫袋を付けるのは稀になります。
 しかし、その頃になると茎の下方の節から盛んに脇芽を出し、葉身のほとんど見られない捕虫袋だけのロゼットを作るようになります。
 この写真もそのようにしてで来た捕虫袋で、半分土に埋まった茎から7つほど脇芽が出て、捕虫袋が茎に沿って並んでいます。右端に少し見えているのが、茎の上方の葉の先についている普通の捕虫袋です。

 本種はこのようにして、地面の上に大量の捕虫袋を並べ、おもに地上を這う蟻などを捕食します。
 他の多くの Nepenthes では、襟は外側にも張り出していますが、本種の場合、外側への出っ張りはほとんど無く、内側で下に向って伸びています。もし、外側にも張り出していたら、袋の外壁を伝わってきた蟻は、中へ行けずに追い返されてしまうでしょう。なかなか巧妙な作りになっているわけですね。

 たまに、この内向きの襟の上でありが脱出しようと必死にもがいているのを見ることがあります。その姿は、蟻地獄から抜け出そうとしているのに似ていました。
 しかし、蟻を見殺しにしたバチが当たったのか、その周辺の捕虫袋は、あまりに多くの蟻の飲み込んだ為に腐ってしまいました。

ネペンテス アンプラリア
©  JIPS

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア
( グラウンドピッチャー )

 この写真は、上の写真の数年後の状態です。グリーンのほかにビッタータも見られます。用土の表面にりっぱな袋をたくさん並べています。

ネペンテス アンプラリア
©  JIPS

N.ampullaria
ネペンテス アンプラリア ( グリーン )

 この写真は、上の写真と同じ植物のもので、普通の葉の先についている捕虫袋です。もうかなり古い袋なので、所々にしみがありますが、緑一色のものです。

 襟の部分はかなり堅牢で、ちょうどいいくらいの大きさの捕虫葉ですと、無理に指を突っ込むと抜けなくなって焦ります。

ネペンテス アンプラリア
©  JIPSi

N.ampullaria var. vittata
ネペンテス アンプラリア ( ビッタータ )

 こちらの写真は、vittata という変種の捕虫袋です。この変種は赤褐色の斑点があるのが特徴です。

ネペンテス アンプラリア
©  JIPSi

N.ampullaria var. vittata
ネペンテス アンプラリア ( ビッタータ )

 こちらの写真も、vittata という変種の捕虫袋です。
 写真ではわかりにくいですが、淡色と濃色の2色の斑点があって、大変美しいものです。

 この捕虫袋はまだ開いたばかりですが、時間がたつと全体に赤味を帯び、さらに美しくなります。

ネペンテス アンプラリア
©  JIPS

N.ampullaria ( Cantley's Red )
ネペンテス アンプラリア ( カントレイズ レッド )

 この写真は、Cantley's Red と呼ばれている、捕虫袋全体が真赤になるタイプです。

 とても美しいので、N.ampullaria の中で最も人気があると言って良いでしょう。しかし、入手はそれほど簡単ではありません。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2009  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2009 as credited