N. aristolochioides  

 Nepenthes aristolochioides Jebb & Cheek
 ネペンテス アリストロキオイデス

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Joachim Nerz

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 下の袋 )

 本種は、スマトラ島のほぼ中央、ケリンチ山 (標高 3,805m) の、海抜 2,000-2,200m 付近に自生しています。
 本種の特徴は、何と言ってもこの独特な形の捕虫袋です。葉の形は N.bongso に似ていますが、この寝袋のような形をした捕虫袋は他の種と間違えようがありません。
 種名の由来は、本種の捕虫袋の形や色が、Aristolochia の花に似ていることから命名されました。

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Joachim Nerz

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 上の袋 )

 こちらは上の袋です。下の袋には房飾りがはっきりと見られますが (上の写真参照)、上の袋には房飾りはありません。
 形も幾分スリムなようです。

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Joachim Nerz

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 下の袋 )

 捕虫袋の大きさは、最大 10cm 程度です。

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Joachim Nerz

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 上の袋 )

 樹の枝から上の袋がぶら下がっています。
 茎は、2-4mm と細く、節間も 10cm 以上に長くなります。N.tobaicaN.gracilis のようにスリムです。

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Joachim Nerz

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス

 木々の間を高くよじ登っている様子です。
 小型なので、自生地で見つけるのは結構難しそうです。

 裁培は、高地性 Nepenthes の栽培環境されあれば、成長も早く比較的簡単なようです。


ネペンテス アリストロキオイデス
©  Borneo Exotics

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 上の袋、自生地 )

 本種は、 Nepenthes の中でも最も風変わりな種で、卵形の袋に上向きではなく前向きに口がついています。スマトラ南部の人里離れた山岳部の森林に自生しています。

ネペンテス アリストロキオイデス
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス

 本種の袋の働きは一種のランタンのようで、ダーリングトニアのフードに似ています。虫が襟から出ている蜜をなめると、日が射してくる袋の後ろ側に向かって飛び立ち、消化液の中に落ちてしまいます。本当の脱出口は、袋のふたによって陰になっているからです。
 このような捕虫方法をとる Nepenthes は、本種のほかに N.klossii のみです。
ネペンテス アリストロキオイデス
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.aristolochioides
ネペンテス アリストロキオイデス ( 栽培品 )

 この植物体は、ビンから取り出しておおよそ 18 ヶ月の若いものです。袋の高さは約 2cm です。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2006  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2006 as credited