N. bongso  

 Nepenthes bongso Korth.
 ネペンテス ボングソ

ネペンテス ボングソ
©  Joachim Nerz

N.bongso
ネペンテス ボングソ ( 上の袋 )

 本種は、スマトラ中央部の Singgalang 山、Talang 山の海抜 1,000 - 2,700m の範囲に分布します。
 このページの写真は、Singgalang 山で撮影された 本物の N.bongso です。あえて本物と言っているのは、本種は他の種と混同されることが非常に多いからです。

 この写真のように、上の袋は漏斗型で、口のところが狭まっています。また、袋の下部が湾曲しているのがしばしば見られます。

ネペンテス ボングソ
©  Joachim Nerz

N.bongso
ネペンテス ボングソ ( 下の袋 )

 こちらは下の袋です。
 下の袋は楕円形で、房飾りがまばらについた幅の狭い翼があります。
 最大 20cm 程度の大きさになります。

ネペンテス ボングソ
©  Joachim Nerz

N.bongso
ネペンテス ボングソ

 森林地帯で、木々の間をよじ登って生育していきます。

ネペンテス ボングソ
©  Joachim Nerz

N.bongso
ネペンテス ボングソ ( 下の袋 )

 こちらの袋は非常にきれいな色をしています。

 スマトラでは、本種に非常に近縁な 一群の Nepenthes である、N.aristolochioidesN.diatasN.densifloraN.ovataN.singalanaN.spathulata が自生しています。
 N.ovata は、ふたの下面にかぎ状の付属物があることで、本種と区別することができます。

 なお、N.dubiaN.inermis は本種のシノニムであり、N.inermis こそが N.bongso である、との説もありましたが、現在では受け入れられてはいないようです。

ネペンテス ボングソ
©  Borneo Exotics

N.bongso
ネペンテス ボングソ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、スマトラ中央部の海抜 1,000m から 2,800m の山岳地帯の苔むした森林に自生しています。N.talangensis として記載されたこともありました。

ネペンテス ボングソ
©  Borneo Exotics

N.bongso
ネペンテス ボングソ ( 中間の袋、自生地 )

 本種の袋の色は、通常、緑か濃赤色で、下の袋は肋のある襟と、まばらな房飾りのある翼を持ちます。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 -2007 as credited