N. burbidgeae  

 Nepenthes burbidgeae Hook.f.ex Burb.
 ネペンテス バービッジアエ

ネペンテス バービッジアエ
©  Borneo Exotics

N.burbidgeae
ネペンテス バービッジアエ ( 自生の様子 )

 本種は希少種で、ボルネオのキナバル山付近の海抜 1,200 から 2,250m の山地に単独で自生しています。

ネペンテス バービッジアエ
©  Borneo Exotics

N.burbidgeae
ネペンテス バービッジアエ ( 上の袋、自生地 )

 下の袋は立派で、クリーム色のかった白色の地にピンク色の斑点がついているのが特長です。

ネペンテス バービッジアエ
©  Borneo Exotics

N.burbidgeae
ネペンテス バービッジアエ ( 中間の袋、自生地 )

 栽培は、典型的な高地性種の条件と用土を満たせば、割と簡単です。

ネペンテス バービッジアエ
©  Johannes Marabini

N.burbidgeae
ネペンテス バービッジアエ ( 中間の袋 )

 本種の捕虫袋は、白色 〜 クリーム色で、赤い斑点とのコントラストが非常に美しいです。
 この写真は、Johannes Marabini 氏 の栽培品ですが、捕虫袋は 25cm もの大きさになっているそうです。捕虫袋を手にしているのは、氏の息子さんです。

 本種は、キナバル山の超塩基性土壌に生育しています。
 超塩基性土壌とは、マグネシウムに富む特殊な土壌で、激しい雨によって可溶性の成分が流された結果、生成されたものです。
 そのため、本種は他の Nepenthes にもまして、肥料を嫌います。もちろん捕まえた虫は別ですが。。。

 高地性 Nepenthes の栽培環境があれば容易に栽培可能で、キナバル山産の N.rajahN.villosa ほど温度に気を遣わなくても良いようです。

ネペンテス バービッジアエ
©  Johannes Marabini

N.burbidgeae
ネペンテス バービッジアエ ( 中間の袋 )

 この写真も、Johannes Marabini 氏 の栽培品です。かわいらしい娘さんですね。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited