N. dubia  

 Nepenthes dubia Danser
 ネペンテス デュビア

ネペンテス デュビア
©  Joachim Nerz

N.dubia
ネペンテス デュビア ( 上の袋 )

 本種は、スマトラ中央部の海抜 1,000 - 2,500m の範囲に自生しています。
 この写真とこの下の写真は、タラマウ山のもので、袋の形は N.inermis に非常に良く似ています。

 本種と N.inermis とは、袋の形の他にも、ふたや葉身の形も良く似ています。
 しかし、本種の方がわずかにふたの幅が広い ( 5mm と 3mm の違いですが) などの違いがあります。決め手は、襟があることで、N.inermis には全く襟がありません。

ネペンテス デュビア
©  Joachim Nerz

N.dubia
ネペンテス デュビア

 こうして下から見ると、ほとんど N.inermis と区別できません。

 なお、タラマウ山のものは、N.inermisN.bongso との交配種である可能性も指摘されています。


ネペンテス デュビア
©  Borneo Exotics

N.dubia
ネペンテス デュビア ( 上の袋、自生地 )

 本種は、海抜 1,000 - 2,500m のスマトラ中央部の鮮苔林の縁に自生しています。  捕虫袋は N.inermis と似ていて、Nepenthes の中では、最も小さい種類のひとつです。

 本種はかつて、N.inermisN.bongso との交配種であると考えられていたこともありました。本種は絶滅の危機に瀕していて、1,000m 以下の狭い範囲にしか自生していません。
 袋の色は、緑、赤、オレンジと多彩で、本種はしばしば着生しています。栽培は容易ではありません。

ネペンテス デュビア
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.dubia
ネペンテス デュビア ( Talamau 山 )

 これより下の写真は、Talamau 山で Andreas Wistuba 氏が撮影されたものです。  氏の率直な感想では、氏がはじめて自生地を訪れて、N.inermis と本種を見たとき、これらの Nepenthes は、氏のお気に入りだったそうです。N.inermis の袋のほうが、本種のものよりももっと奇妙ですが、植物全体を見ると、本種のほうがすらっとしていて、氏の好みだそうです。
 この写真は、典型的な N.dubia です。

ネペンテス デュビア
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.dubia
ネペンテス デュビア ( 下の袋 )

 こちらは同じく Talamau 山産の下の袋です。

ネペンテス デュビア
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.dubia
ネペンテス デュビア の自生地

 こちらは同じく Talamau 山産の本種の自生地の写真です。本種は、Gleichenia の中の開けた場所や、森林の開けた場所に自生しています。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited