N. eustachya  

 Nepenthes eustachya Miq.
 ネペンテス ユースタシャ

ネペンテス ユースタシャ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author and copyright-holder of this photograph.)

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ

 本種は、スマトラ島のトバ湖周辺からパダン周辺にかけて、低地から海抜 1,600m の範囲に分布します。
 この写真はシボルガ付近の自生地で撮影されたものです。

 本種はしばしば N.alata Sumatraと呼ばれることがありますが、れっきとした独立種です。
 この自生地のものは、Kelog Sembilan 付近のものと比べ、捕虫袋の形や ふたが大きいなど、わずかに違いが見られます。

ネペンテス ユースタシャ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ

 ここから 3枚の写真は、スマトラ島の Kelog Sembilan 付近の自生地でのものです。
 上によじ登る茎についた捕虫袋です。

ネペンテス ユースタシャ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 上の袋 )

 こちらは別の個体の上の袋です。
 捕虫袋の色の個体変異も大きいようです。

ネペンテス ユースタシャ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 花序 )

 雄の花序です。
 花柄の中には、花茎との付け根付近で分岐しているものが見られます。

ネペンテス ユースタシャ
©  Borneo Exotics

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、スマトラのトバ湖やシボルガ地域の、森林の縁や道路沿いの崖に自生しています。

 上の袋は、基部でくびれていて、口に向かって徐々に広がっていきます。

ネペンテス ユースタシャ
©  Borneo Exotics

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 中間の袋、自生地 )

 こちらは中間の袋です。

ネペンテス ユースタシャ
©  Borneo Exotics

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 下の袋、自生地 )

 下の袋はしばしばピンク色に色づいており、襟は黄色です。

ネペンテス ユースタシャ
©  JIPS

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ

 N.tobaica の名前の由来ともなった、スマトラのトバ湖周辺に自生しています。本種は、Nepenthes 研究の大家 Danser によって、一旦は N.alata のシノニムとされたのですが、最近になって再び、独立した種として認められることになりました。
 N.alata は、変異が大きく、フィリピンの様々な環境の場所に自生していますが、本種には変異はほとんど無く、比較的限られた高度の砂岩地帯に分布します。
 本種が N.alata から独立したことで、N.alata は、フィリピンのみに自生するということになりました。

 この写真の標本は、美しい赤色を呈するもので、形もスマートで、なかなか気に入っています。
ふたの下面には濃赤色の模様がありますが、上面にはほとんど模様はなく真っ白です。翼は痕跡程度で、濃赤色の美しいラインとなっています。

 比較的高い高度 (1,600m) に自生するので、夏季の高温には気を付けます。高地性の N.alata と同じ管理で良く出来るしょう。

ネペンテス ユースタシャ
©  JIPS

N.eustachya
ネペンテス ユースタシャ ( 葉の裏側 )

 こちらの写真は、葉の裏側が見えるように、植物を横に倒して撮影したものです。
捕虫袋もきれいですが、葉の中央脈と茎も濃赤色に色づいていて、大変美しいものです。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited