N. gymnamphora  

 Nepenthes gymnamphora Nees
 ネペンテス ギムナンフォラ

ネペンテス ギムナンフォラ
©  Ch'ien C. Lee

N.gymnamphora
ネペンテス ギムナンフォラ

 この写真は、北スマトラで撮影されたものですが、本種は広範囲に自生する高地性種で、スマトラ島以外にもジャワ島にも産します。
 この写真は、襟の縁歯が長いために、かつて N.xiphioides として記載された変種です。

ネペンテス ギムナンフォラ
©  Johannes Marabini

N.gymnamphora
ネペンテス ギムナンフォラ ( 栽培品 )

 本種は、ジャワ 西部から中央部の、標高 1,000m 以上の森林地帯に自生します。ボルネオで発見されたという記録もありますが、確かではありません。

 本種は、順調に生育しているかと思えば、何の理由もなく生育を止めたりと、気難しいところがあるようです。
 Johannes Marabini 氏 は、温室および冷室で実生苗を育てていらっしゃいますが、今のところこの写真のように良く出来ているそうです。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2008  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2008 as credited