N. macfarlanei  

 Nepenthes macfarlanei Hemsl.
 ネペンテス マクファラネイ

ネペンテス マクファラネイ
©  Borneo Exotics

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、マレー半島の東側の山脈の、標高 1,000 - 2,200m の範囲の、日陰になった部分を好んで自生します。
 さまざまな色のフォームがありますが、この写真は、純白色となるフォームです。

ネペンテス マクファラネイ
©  Borneo Exotics

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ ( 上の袋、自生地 )

 こちらも上の写真同様、純白色となるフォームです。

ネペンテス マクファラネイ
©  Borneo Exotics

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ ( 中間の袋、自生地 )

 こちらは、上の袋と下の袋の中間に着く袋です。

ネペンテス マクファラネイ
©  Borneo Exotics

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ ( 下の袋、自生地 )

 本種の下の袋は、特徴的な‘口ひげ’を持ちます。それは、ふたの下面の、肋のある襟との接合部に、剛毛が生えているのです。

 Borneo Exotics によれば、栽培は容易で、育てがいのある種だそうです。

ネペンテス マクファラネイ
©  Johannes Marabini

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ

 これは、マレーシアのクアラルンプール近辺の山地で発見されたものです。

 本種は、N.lowii の下の袋のように、ふたの下に剛毛がはえているのが特徴です(残念ながらこの写真でははっきりしません)。また、捕虫袋は口のところで急に狭まっています。
 下の袋のつるは、90cm もの長さになることもあります。

 栽培は、他の高地性 Nepenthes 同様、夜間は冷やし、昼間は充分な日照を与えるようにします。

ネペンテス マクファラネイ
©  Johannes Marabini

N.macfarlanei
ネペンテス マクファラネイ

 この写真も上の写真と同様です。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited