N. mikei  

 Nepenthes mikei B.Salmon & Maulder
 ネペンテス ミケ

ネペンテス ミケ
©  Heiko Rischer

N.mikei
ネペンテス ミケ

 本種は、スマトラ の アチェ、リアウ の海抜 1,100 - 2,400m の高山に分布します。本種の名前は、本種を最初に発表した Mike Hopkins 氏の名前から来たもので、「マイクアイ」 とでも発音すべきなのでしょうか。

ネペンテス ミケ
©  Heiko Rischer

N.mikei
ネペンテス ミケ

 こちらの写真の個体は、低木をよじ登り、花茎をつけています。

 本種は、N.tobaica に類似していますが、N.ramispina を小さくしたような捕虫袋をつけるところが異なります。

ネペンテス ミケ
©  Heiko Rischer

N.mikei
ネペンテス ミケ

 こちらの写真は、ロゼットを作っている幼い植物体です。
スマトラ、 Bandahara 山の標高 2,470m 地点で撮影されました。

ネペンテス ミケ
©  Borneo Exotics

N.mikei
ネペンテス ミケ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、北スマトラのアチェ州の山地と、トバ湖の近くの Pangulubau 山に自生しています。海抜 1,100 - 2,400m の範囲の、鮮苔林や低山地帯の低木林で見られます。
 捕虫袋の典型的な色は、濃赤色や茶色の斑点のついたもので、淡緑色の捕虫袋内面とコントラストをなしています。N.ramispina に似ています。


 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited