N. ovata  

 Nepenthes ovata Nerz & Wistuba
 ネペンテス オバタ

ネペンテス オバタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.ovata
ネペンテス オバタ
( 下の袋 )

 本種は、スマトラの Pangulubao 山の、標高 1,800m の地点で発見されました。
 N.bongso に近縁ですが、襟がもっと大きく、その形も不規則です。また、ふたの基部に大きな腺があることでも、区別できます。
 N.bongso は、はるか南の パダン 周辺の山地にしか自生していません。

ネペンテス オバタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.ovata
ネペンテス オバタ
( 上の袋 )

 こちらは、正面から見た上の袋です。

ネペンテス オバタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.ovata
ネペンテス オバタ
( 上の袋 )

 上の写真の捕虫袋を横から見たものですが、ふたの下の付属物がはっきりと見て取れます。

 襟が広くて美しい高山性 Nepenthes ですが、栽培はそんなに難しくありません。

ネペンテス オバタ
©  Heiko Rischer

N.ovata
ネペンテス オバタ ( 上の袋 )

 この写真とこの下の写真は、Lubuk Raya 山で撮影された写真です。
 本種が最初に記載されたときは、Pangulubao 山の自生地しか知られていませんでした。その後、Pangulubao 山からはるか離れた Lubuk Raya 山にも自生することが発見されました。
 この2つの自生地の植物には、わずかながら違いがあるようです。

ネペンテス オバタ
©  Heiko Rischer

N.ovata
ネペンテス オバタ ( 下の袋 )

 こちらは下の袋です。Lubuk Raya 山の海抜 1,700m 地点で撮影されたものです。

 捕虫袋全体が赤く色づき、また、N.veitchii にも似た幅広の襟が波うっている様子は、特に美しいですね。

ネペンテス オバタ
©  Borneo Exotics

N.ovata
ネペンテス オバタ ( 上の袋、自生地 )

 本種は最近、スマトラ中央部の Pangulubau 山で再発見されました。N.bongso に非常に近縁ですが、本種は着生種で、標高 1,800m の鮮苔林に自生します。

ネペンテス オバタ
©  Borneo Exotics

N.ovata
ネペンテス オバタ ( 下の袋、自生地 )

 本種には多数の色のフォームがあり、下の袋の波打った襟はとても魅力的です。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited