N. rafflesiana  

 Nepenthes rafflesiana Jack
 ネペンテス ラフレシアナ

ネペンテス ラフレシアナ
©  Johannes Marabini

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ
( 下の袋 )

 本種はボルネオ島に広く分布し、地域によって、elongatagiantnivea など、様々なタイプが見られます。
 この写真とこの下の写真は、サラワク や サバ の道路沿いで、最も普通に見られるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Johannes Marabini

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ
( 上の袋 )

 上と同じタイプの N.rafflesiana の上の袋です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、ボルネオ全域、マレー半島、スマトラの低地に広く分布し、海抜 1,000m まで見ることができます。
 下の袋はずんぐりとしていて、エレガントな上の袋とは全く異なっています。

 本種は、Nepenthes の中では最も変異が大きく、標準的なフォームに加えて、エレガントな細長いフォーム、小型で細長いフォーム、大型になるフォームなど、さまざまな変種があります。
 袋の色は、淡緑色からピンク、赤い斑点のあるもの、栗色のものまでさまざまです。襟のきれいな赤い縁歯を除いては、全て白色となるフォームもあります。
 栽培は簡単で、短時間なら極端な条件にも耐えます。

ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. gigantia
ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア ( 下の袋 )

 こちらは巨大になるタイプです。人と比べてその大きさが良く分かります。

ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. gigantia
ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア ( 上の袋、自生地 )

 こちらも巨大になるタイプの上の袋です。

ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. gigantia
ネペンテス ラフレシアナ ギガンテア ( 下の袋、自生地 )

 こちらは巨大になるタイプの下の袋です。

ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. elongata
ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ ( 上の袋、自生地 )

こちらはスリムになるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. elongata
ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ ( 上の袋、自生地 )

 こちらもスリムになるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. elongata
ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ ( 下の袋、自生地 )

 こちらはスリムになるタイプの下の袋です。

ネペンテス ラフレシアナ エロンガタ
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. elongata
ネペンテス ラフレシア エロンガタナ ( 下の袋、自生地 )

 こちらはスリムになるタイプのまだ若い株です。

ネペンテス ラフレシアナ ニベア
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. nivea
ネペンテス ラフレシアナ ニベア ( 下の袋、自生地 )

 こちらは袋の色が白色になるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Ch'ien C. Lee

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ ( 上の袋、自生地 )

 こちらはほとんど黒に近い斑点をつけるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ ニグロプルプレア
©  Borneo Exotics

N.rafflesiana var. nigropurpurea
ネペンテス ラフレシアナ ニグロプルプレア ( 下の袋、栽培品 )

 こちらは袋全体がほとんど茶褐色となるタイプです。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Phill Mann

N.rafflesiana var. alata
ネペンテス ラフレシアナ アラタ( 下の袋 )

 サバのサンダカン産の本変種は、つるにフリルがついているのが特長です。他の変種とはおおいに異なっています。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Johannes Marabini

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真は、Johannes Marabini 氏 の撮影したレッドタイプの N.rafflesiana です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Johannes Marabini

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真は、Johannes Marabini 氏 の栽培品です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Johannes Marabini

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真も、Johannes Marabini 氏 の栽培品です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真は猪熊氏の栽培品です。

 BEから、緑地に赤褐色の斑点が少し入る個体として入手。明るい黄緑地に赤褐色の斑点が良く生え、襟には少しストライプが入ります。翼はあまり発達しないようです。袋の大きさに比べて結構蓋が大きくなります。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 ここから下2枚の写真は、猪熊氏の栽培品で、同一個体のものです。

 BEから、赤褐色地で薄緑色の斑点が少し入る個体として入手しました。濃い小豆色に緑の斑点が僅かに入り、リップはグリーン地でエッヂ部がやや小豆色に染まります。袋は長面で蓋は結構大きくなるようです。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 こちらは本種の花序(雄花)で、ガク片が真っ赤に染まります。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 ここから下2枚の写真は、猪熊氏の栽培品で、同一個体のものです。

 BEから、淡緑色に赤色の模様がやや多めに入る個体として入手しました。最初はその通りの色合いでしたが、最近は赤と言うよりチョコレート色と赤色地に淡緑色の斑点が多少入る感じです。ジャイアントレッドピッチャーと良く似ていますが、こちらの方が色合が全体的に濃い様です。袋はやや長面で20cm程度ですが、更に大きくなるのでしょうか。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 こちらは側面から撮ったものです。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ コシカワ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Koshikawa
ネペンテス ラフレシアナ コシカワ

 ここから下2枚は、猪熊氏の栽培品です。

 亡き越川氏の実生選別株で、形はコンパクトで色合も中々良い素晴らしい品種だと思います。チョコレート地にクリーム色っぽい班が入り、翼の縁及び襟の部分が薄っすらとピンク色に色付く感じでしょうか。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ コシカワ
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Koshikawa
ネペンテス ラフレシアナ コシカワ

 手前は親株にできた補虫袋で、左と右奥の小さな袋が腋芽にできたものです。腋芽に出来る最初の頃のロアーは全体的に赤身が強い様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ ジャイアントレッドピッチャー
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana giant red pitcher
ネペンテス ラフレシアナ ジャイアントレッドピッチャー

 ここから下2枚は、猪熊氏の栽培品です。

 本種は特に大型で赤い袋を付ける個体と言う事で、2011年6月にjips殿より分譲していただいたものです。最初は中々大きくなりませんでしたが、最近漸く順調に成長してくれるようになりました。これは入手して1年3ケ月程経過した株にできた袋で、まだまだ本来の姿ではないようです。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ ジャイアントレッドピッチャー
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana giant red pitcher
ネペンテス ラフレシアナ ジャイアントレッドピッチャー

 今年の9月にできた袋で、おおよそ20cm程度まで成長してくれました。現在更に大きい袋が付いていますが、棚の奥で上手い具合に撮影できませんでした。まだまだ大きくなってくれるのではないかと期待しています。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ ブサール
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Besar
ネペンテス ラフレシアナ ブサール

 ここから下2枚は、猪熊氏の栽培品です。

 腋芽の最初の頃にできるロアーで、襟にややストライプが入る程度の殆ど特長の無い袋の様です。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ ブサール
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Besar
ネペンテス ラフレシアナ ブサール

 こちらは親株にできた補虫袋で、これぞラフレシアーナのロアーってところでしょうか。翼がとても発達して中々良いフォルムだと思います。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ リミテッドリリースフロムシード
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Limited release from seed
ネペンテス ラフレシアナ リミテッドリリースフロムシード

 ここから下2枚は、猪熊氏の栽培品です。

 小さな苗に出来た補虫袋で、濃い茶色地に黄緑色の班が入り、リップはストライプが綺麗に入ります。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ リミテッドリリースフロムシード
©  Kiyotaka Inokuma

N.rafflesiana Limited release from seed
ネペンテス ラフレシアナ リミテッドリリースフロムシード

 こちらはある程度大きくなった株に出来た補虫袋で、滑らかだった襟は手前部分で掴み上げた感じになります。丁度逆ハート型の様です。又、襟は緑地に濃い茶のストライプがクッキリと入り、その対比が美しいと思います。スリムな感じからコシカワの様な雰囲気の袋になってきました。

 ©  Kiyotaka Inokuma

ネペンテス ラフレシアナ
©  Shota Shimomoto

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真は、下元 氏 の栽培品で、BEの個体です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  Shota Shimomoto

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ

 この写真も、下元 氏 の栽培品で、BEの個体です。

ネペンテス ラフレシアナ ジャイアント
©  Shota Shimomoto

N.rafflesiana Giant
ネペンテス ラフレシアナ ジャイアント

 この写真も、下元 氏 の栽培品で、BEの個体です。

ネペンテス ラフレシアナ
©  JIPS

N.rafflesiana
ネペンテス ラフレシアナ ( 下の袋 )

 nigropurpurea と言うほどではないかも知れませんが、捕虫袋の外面は2本の翼に挟まれた部分の除いて、ほとんど濃い紫色で覆われています。

 ぱっと見てすぐに気づくのが、長い首で、本種の特徴となっています。そのため、他の Nepenthes と間違えることはほとんど無いでしょう。
 また、この写真では分かりづらいですが、翼の房飾りの部分が、向き合うように内側を向いている事が多いようです。

 自生地では極々ありふれた種で、栽培も簡単です。ただし、大きくなるとかなりの場所を取られます。

ネペンテス ラフレシアナ ニベア
©  JIPS

N.rafflesiana var. nivea
ネペンテス ラフレシアナ ニベア
( 上の袋 )

 こちらの写真は、nivea という、捕虫袋全体が白緑色になる変種の、上の袋です。
 一般に、上の袋は下の袋に比べて色彩が薄いことが多いですが、少々傷んで茶色くなっているのを除けば、全体が白緑色で、この変種の特徴を良く表わしています。

 ご覧のように、本種は下の袋と上の袋の形態が顕著に異なっており、二型性と呼ばれています。

ネペンテス ラフレシアナ ニベア
©  JIPS

N.rafflesiana var. nivea
ネペンテス ラフレシアナ ニベア
( 上の袋 )

 こちらは上の写真の袋を真横から見たものです。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2013  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2013 as credited