N. rajah  

 Nepenthes rajah Hook.f.
 ネペンテス ラジャ

ネペンテス ラジャ
©  Borneo Exotics

N.rajah
ネペンテス ラジャ ( 上の袋、自生地 )

 本種は最も有名な Nepenthes で、サバのキナバル山の固有種です。そこでは、標高 1,500 - 2,650m の蛇紋岩質の土壌に自生しています。
 まだふたを開けたばかりの、若い捕虫袋です。

ネペンテス ラジャ
©  Borneo Exotics

N.rajah
ネペンテス ラジャ ( 下の袋、自生地 )

 幸いなことに本種は、栽培環境さえ整えてやれば、栽培はとても簡単で、きわめて丈夫です。

ネペンテス ラジャ
©  Ch'ien C. Lee

N.rajah
ネペンテス ラジャ

 この写真は、ボルネオ島サバで撮影されたものです。
 自然界ではネズミも獲物にすることが知られています。
 濃赤色の襟と、袋内部の黄色のコントラストが美しいです。

ネペンテス ラジャ
©  Johannes Marabini

N.rajah
ネペンテス ラジャ

 本種は、キナバル山に固有の Nepenthes のひとつです。マグネシウム分に富んだ蛇紋岩などの超塩基性土壌に適応しています。
 この写真は、Johannes Marabini 氏 撮影の、Nepenthes の「王」と呼ぶにふさわしい、見事な捕虫袋です。

ネペンテス ラジャ
©  Johannes Marabini

N.rajah
ネペンテス ラジャ

 この写真も、Johannes Marabini 氏 の栽培品です。お子さんが手にしているのが、メリクロン苗から育て上げた N.rajah です。

 本種は、最も魅力的な Nepenthes のひとつで、かつては栽培家達の憧れの的でした。今では、組織培養技術の発達により、本種も最もポピュラーな Nepenthes のひとつとなりました。

 栽培は割と簡単で、他の高地性 Nepenthes と同じように、夜間は低温に、昼間は高温になり過ぎないように気を付けます。
 Johannes Marabini 氏 は、粒状粘土、発泡スチロール片、ピート、コルク を、2:1:2:1 で配合した用土で栽培されています。

 捕虫袋は宙吊りではなく、地面の上に置くようにすると、ずっと大きくなります。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2008  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2008 as credited