N. reinwardtiana  

 Nepenthes reinwardtiana Miq.
 ネペンテス レインワルドティアナ

ネペンテス レインワルドティアナ
©  Ch'ien C. Lee

N.reinwardtiana
ネペンテス レインワルドティアナ

 この写真は、ボルネオ島サラワクで撮影されたものです。
 本種は、ボルネオやスマトラに広く分布しています。本種はこの写真のように着生しているのが普通に見られます。

ネペンテス レインワルドティアナ
©  Johannes Marabini

N.reinwardtiana
ネペンテス レインワルドティアナ

 ボルネオのサバ Silam 山の自生地での写真です。いくつかのタイプがありますが、これは緑色のフォームです。
 この自生地では、道路脇には本種や N.macrovulgaris、それに両者の交配種がたくさん見られるそうです。

 Silam 山は、標高 800m ほどの低い山ですが、海に近く特殊な気象条件のため、2,000m 超級の高山と同じような環境になっています。
 山頂付近は、N.tentaculataN.stenophylla も自生する蘚苔林となっています。
 この山は超塩基性土壌でなっています。

ネペンテス レインワルドティアナ
©  Phill Mann

N.reinwardtiana
ネペンテス レインワルドティアナ

 こちらも、ボルネオのサバ Silam 山の自生地での写真です。赤色から栗色になります。

ネペンテス レインワルドティアナ
©  JIPS

N.reinwardtiana
ネペンテス レインワルドティアナ ( 栽培品、下の袋 )

 この写真は、小さな実生苗のもので、捕虫袋の下半分は卵形、上半分は円筒形をしています。翼には房飾りがありません。
 本種の特徴である、袋内面の2つの 「目玉」 は、まだ見られません。

 本種の捕虫袋は、非常にシンプルで、成熟したものでも 襟は発達せず、翼が見られることも少ないので、地味と言えば地味な種です。しかし、そのシンプルさの中に 何か魅力的なものを感じます。

 低地性として扱えばうまく行くことが多いですが、生育範囲が、海面近くから標高 2,000m までと幅が広いので、ものによっては高地性の扱いをしなければならないこともあるでしょう。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2008  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2008 as credited