N. sanguinea  

 Nepenthes sanguinea Lindl.
 ネペンテス サンギネア

ネペンテス サンギネア
©  Borneo Exotics

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア ( 中間の袋、自生地 )

 本種は、マレー半島の標高 900 - 1,800m の山の尾根に自生します。
 典型的な袋の色は、濃赤色で、襟には縁歯がなく、薄い赤か緑色です。

ネペンテス サンギネア
©  Borneo Exotics

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア ( 中間の袋、自生地 )

 上の写真と襟の色が異なるのに注目してください。

 本種は極めて丈夫で栽培しやすいです。

ネペンテス サンギネア
©  JIPS

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア ( 上の袋 )

 本種は、捕虫袋の色の変異が大きく、美しい深紅色のものもありますが、写真は、緑色の袋の内側に赤褐色の斑点がつくタイプです。

 亜高山性〜高山性なので、夏季は冷房しないと調子が悪くなります。この写真を取ったのは春で、昼間は暖かく、夜は十数℃に冷えるという、高山性 Nepenthes にちょうど良い条件が揃っていた時期でした。
 ちなみに、冬季は最低 12℃ 程度に加温していましたが、調子はあまり良くありませんでした。冬はもう少し高い温度に保った方が良いのかもしれません。

ネペンテス サンギネア
©  JIPS

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア ( 下の袋 )

 こちらは、上の写真と同じタイプのものの下の袋です。
 口の形が特徴的です。

ネペンテス サンギネア
©  JIPS

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア

 これも上の写真と同じタイプです。

ネペンテス サンギネア
©  JIPS

N.sanguinea
ネペンテス サンギネア ピンク

 こちらは袋がピンク色になるタイプです。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited