N. tentaculata  

 Nepenthes tentaculata Hook.f.
 ネペンテス テンタクラタ

ネペンテス テンタクラタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ

 本種は、ボルネオとスラウェシでの自生が確認されています。1,800m 以上の山々に自生し、さまざまなフォームが見られます。
 この写真は、スラウェシの Lumut 山のものです。

ネペンテス テンタクラタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ

 この写真も、スラウェシの Lumut 山のものです。

ネペンテス テンタクラタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ

 この写真は、Raya 山の標高 1,800m 付近の山頂に自生しているものです。N.ephippiata と一緒に生育しています。

ネペンテス テンタクラタ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ

 Raya 山に自生している、N.ephippiata と本種です。

ネペンテス テンタクラタ
©  Borneo Exotics

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ ( 自生の様子 )

 本種は広い範囲に分布しています。ボルネオおよびスラウェシの、標高 1,200 - 2,550m の鮮苔林のピート質の土壌に成育しています。

ネペンテス テンタクラタ
©  Borneo Exotics

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ ( 上の袋、自生地 )

 大きな上の袋の写真です。
 本種は、栽培下では成長は遅いようです。

ネペンテス テンタクラタ
©  Borneo Exotics

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ ( 下の袋、自生地 )

 本種は、この写真のように、ふたの上面から毛が生えていることが特長です。本種の名前も、このことから名付けられました。

ネペンテス テンタクラタ
©  Johannes Marabini

N.tentaculata
ネペンテス テンタクラタ ( 下の袋 )

 本種はボルネオやスラウェシに広く分布しますが、この写真は、トラスマディ山産のものです。
 本種は小型の高地生種で、捕虫袋のふたに長い毛が生えているのが特徴です。また、開口部の形と傾斜の大きさも特徴的です。
 ほふく性で、水苔に埋もれるように捕虫葉が並んだ写真をよく見るので、こういう写真は何か新鮮味があります。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited