N. veitchii  

 Nepenthes veitchii Hook.f.
 ネペンテス ビーチ

ネペンテス ビーチ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. veitchii
ネペンテス ビーチ

 本種は、成熟した捕虫袋の見事な襟で、非常に良く知られています。栽培は容易で、ぜひともコレクションに加えたい一品です。
 この写真は、ボルネオの Batu Lawi 産の高地性のもので、細い木に巻きつきながらよじ登っています。

ネペンテス ビーチ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. veitchii
ネペンテス ビーチ

 この写真も、ボルネオの Batu Lawi のもので、若い植物体です。

ネペンテス ビーチ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. veitchii
ネペンテス ビーチ

 この写真も、同じくボルネオの Batu Lawi のもので、花が写っています。

ネペンテス ビーチ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. veitchii
ネペンテス ビーチ

 Batu Lawi 山の麓のBareo 付近に自生していたもので、開けた場所に生えています。

ネペンテス ビーチ
©  Borneo Exotics

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ローランド、上の袋、自生地 )

 本種の名前は、19世紀の有名な植物学者、J.Veitch にちなんで付けられました。
 本種は Nepenthes の中でも、間違いなく最も注目に値すべきものです。
 本種は、海抜 55 - 1,200m の範囲に分布しますが、2つのフォームに区分されます。ひとつは低地性のもので、金色で幅広く平らな襟を持ち、ふたは細長く、河川の近くの低地の森林に自生します。それに対して、高地性のものは、緑色と赤色のストライプ模様の襟を持ち、ふたは丸く、鮮苔林の尾根に自生しています。
 本種は、サラワク中央部、ブルネイ、サバ、カリマンタンに自生します。

ネペンテス ビーチ
©  Borneo Exotics

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ローランド、上の袋、自生地 )

 こちらも低地性のものの上の袋です。

ネペンテス ビーチ
©  Borneo Exotics

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( 上の袋、自生地 )

 こちらは、まだ開いて間もない袋です。

ネペンテス ビーチ
©  Borneo Exotics

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( 未成熟な袋、自生地 )

 こちらは開きつつある袋の写真です。

ネペンテス ビーチ
©  Borneo Exotics

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ハイランド、下の袋、自生地 )

 こちらは高地性種です。襟のストライプ模様が美しいです。

ネペンテス ビーチ
©  Johannes Marabini

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ローランド )

 Nepenthes の中には、ボルネオや東南アジアに広く分布しているものがあります(N.mirabilisN.ampullariaN.rafflesiana など)。その一方で、ボルネオにしか分布しないもの(本種、N.lowii)、フィリピンやスラウェシにしか分布しないもの、またひとつの山にしか分布しないもの(N.rajahN.Trusmadiensis など)があります。
 こういった、ひとつの島の限られた範囲にしか自生しないものの中には、本種のように、異なるタイプを作るものがあります。

 本種は、その美しい色彩と波打った幅の広い襟が特徴です。
 比較的垂直分布の範囲が広く、高地性のもの、低地性のものがあります。

 この写真は、低地性のもので、ボルネオの サバ、サラワク の河川周辺に分布します。樹木に着生しています。


ネペンテス ビーチ
©  Johannes Marabini

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ハイランド )

 この写真は、Johannes Marabini 氏 の栽培品で、高地性です。Kelabit 高原産です。

ネペンテス ビーチ
©  Johannes Marabini

N.veitchii
ネペンテス ビーチ ( ハイランド )

 この写真も、Johannes Marabini 氏 の栽培品で、高地性です。
 上によじ登るタイプで、比較的開いて間もない袋です。

ネペンテス ビーチ
©  Johannes Marabini

N.veitchii
ネペンテス ビーチ

 この写真も、Johannes Marabini 氏 の栽培品で、Bario産です。
 氏はこれらの Nepenthes をすべて同じ条件で栽培されています。低地性の温室で、昼間の最高温度は 38℃、夜間の温度は比較的暖かく 18-25℃ としています。用土もほとんど同じで、セラミス、松の樹皮、木炭、ピート、硅砂の混同土です。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited