N. villosa  

 Nepenthes villosa Hook.f.
 ネペンテス ビロサ

ネペンテス ビロサ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. villosa
ネペンテス ビロサ

 本種の唯一知られている自生地は、あの有名なキナバル山です。高山性の Nepenthes で、魅力的な植物なのですが、栽培は難しいです。
 このページの上から3枚の写真は、Andreas Wistuba 氏が少し前にキナバル山で撮影されたものです。
 円盤を並べたような襟に注目してください。

ネペンテス ビロサ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. villosa
ネペンテス ビロサ

 葉は有柄です

ネペンテス ビロサ
©  Andreas Wistuba
(Dr. Andreas Wistuba is the author
and copyright-holder of this photograph.)

N. villosa
ネペンテス ビロサ

 縁歯の先端が袋の中に向かって鋭くとがっています。

ネペンテス ビロサ
©  Borneo Exotics

N.villosa
ネペンテス ビロサ ( 上の袋、自生地 )

 本種は、ボルネオのキナバル山の森林の中の小川の近くの低木林に自生しています。
 N.edwardsianaN.macrophylla に近縁で、襟に深い肋がありますが、形はもっと楕円形です。

ネペンテス ビロサ
©  Borneo Exotics

N.villosa
ネペンテス ビロサ ( 中間の袋、自生地 )

 こちらは上の袋と下の袋の中間の袋です。色彩が美しいですね。

ネペンテス ビロサ
©  Borneo Exotics

N.villosa
ネペンテス ビロサ ( 下の袋、自生地 )

 本種は初心者向けではありませんが、高地性 Nepenthes の栽培条件さえ満たせば、遅いながら良く成長します。

ネペンテス ビロサ
©  Johannes Marabini

N.villosa
ネペンテス ビロサ

 本種は、高山帯に生育する Nepenthes の一つです。キナバル山の山頂付近、標高 3,300m のところで見られます。
 N.edwardsianaN.macrophylla と、非常に近縁です。円盤を並べたような襟と、美しい色彩が印象的です。

 最も高いところに生育する Nepenthes の一つなので、相当強力な冷房装置がないと栽培は難しいでしょう。年間を通して、夜間は 10℃ 程度に冷却しなければなりません。
 それと栽培するに当たって絶対に必要なものがもう一つあります。それは、忍耐 です。とにかく、成長が遅いものと覚悟してください。
 準備が整ったら、苗を入手しましょう。海外から組織培養苗を入手できます。

 解説



ホーム| おすすめページ| 原種写真一覧| 食虫植物検索| 参考文献
Text copyright © 1999 - 2007  JIPS, KNAKAI     Photographs copyright © 1999 - 2007 as credited