過去の記事リスト 40

2003/10/14(火) 09:15:06 〜 2003/11/26(水) 00:08:48
 温度について
2003年 11月 26日 () 00時 08分 48秒

発信 : G.Mure さん

 えりなさんの温度についての疑問ですが、これは気温を指します。植物は人間のように自分で体温を維持できませんので気温により体温が変わる変温生物といえます。そう考えると根部だけを暖めても植物体全体の温度が上がらなければ意味がないことが判ると思います。高山性のものを栽培する時はこの逆に考えることが出来ます。ムシトリスミレ、ダーリングトニア等鉢を冷やせば夏も無事越せますがよく見ると鉢を冷やせば根、茎及び芽等植物の主要な部分がコンポストに密着しており冷やされていることに気付きます。従ってネペンテスのように植物体が土から離れて成長するものにはこの技は適用できないと考えます。
 大好きアンプラリア様
 蛍光灯の件、よく知っている人に聞きましたが満田様のおっしゃる通り弊害はないそうです。ただ点灯に伴い温度が上がることが心配で、特に昼と夜の温度差が逆になるのが一番悪いそうです。 

 温度について
2003年 11月 25日 () 22時 26分 09秒

発信 : 東京 えりな さん

最近寒くなってきて温度ちょっと気にするんですが、食虫植物でよく○○℃以上とか言うのって周りの温度なんですか?それとも、土が温かければいいのでしょうか?園芸の基本かもしれませんが教えてください。お願い致します。

 温度について
2003年 11月 25日 () 22時 25分 31秒

発信 : 東京 えりな さん

最近寒くなってきて温度ちょっと気にするんですが、食虫植物でよく○○℃以上とか言うのって周りの温度なんですか?それとも、土が温かければいいのでしょうか?園芸の基本かもしれませんが教えてください。お願い致します。

 蛍光灯の件について。
2003年 11月 24日 () 16時 52分 38秒

発信 : 鈴鹿の満田 さん

ampullariaさんへ、
蛍光灯の件ですが、室内で栽培されている場合でしたら別に付けっぱなしでも弊害は有りません、屋外で栽培されているのでしたら夜は蛍光灯をけしてもよいです、冬場は日照時間が短いので日没後蛍光灯(育成用)を付けるのも良いと思います、まあそんなに蛍光灯にきを使う必要はないと思います
大事に育てて下さい。
鈴鹿市若松東1丁目17-14
満田 秀一
  nepentes@mti.biglobe.ne.jp
   http://www5f.biglobe.ne.jp/~Nepenthe/

 夜は消すのかな?
2003年 11月 21日 () 22時 42分 59秒

発信 : 大好きアンプラリア さん

今年、初めてアンプラリアを購入し、現在水槽内ですくすくと育っているのですが、朝・昼・晩と蛍光灯をつけっぱなしにしておりまして、悪い影響が無いか心配です。夜は消してやった方が生育には良いのでしょうか?教えていただければ幸いです。やっぱり光合成が断続的に続くのは良くないのかな?

 愛媛の修平様
2003年 11月 13日 () 21時 52分 49秒

発信 : G.Mure さん

 ウツボカズラの質問の件ですが、葉っぱは元気とのことで芽は動いてますか。また種類はなんですか。葉っぱは元気でも芽が一月も動いていない場合は根腐れの可能性があります。動いていれば大丈夫。
 茎が単に下から茶色になってきただけなら木化してきたと言うことで心配はありません。茎が伸びれば自然に下から木化してきますし年月とともに木化した部分が太くなってきます。また木化した部分はどんどん上がってきます。昔、京大の古曽部温室で見た株は何十年も栽培されているのでしょう、長大に生育し茎の根元は完全に太い木になっておりました。若い私はそんな鉢植えに憧れたものです。修平様の株の茎がある程度長くなっているなら頂芽を根元より下に垂らすと根元から新芽が出易くなります。これが5枚位葉を出し2、3個袋がポロンと着いて一人前になったら伸びた茎を切り、挿木するも良し、伸ばして花を狙うも良しと言うことになります。ただしアンプラリアの場合は切らずに伸ばし続けます。
 もし芽が動かず、根腐れなら頂芽を切って挿木するほか救済法を知りません。
 これから寒くなりますので15℃以上の加温を忘れずに。


 ウツボカズラの茎が!!教えてください
2003年 11月 11日 () 20時 14分 43秒

発信 : 愛媛県 修平 さん

初めましていろんな植物を愛する高校生です。ウツボカズラの茎が茶色になってきたんですが、葉っぱは元気でこの状態がもう一月は続いていてこれはもしかして枯れてるんじゃないか?と思って投稿しました。でも、枯れてるとゆうよりは茎が木になっているとゆう感じです。枯れている場所は根に近い部分でほんの2〜3センチだです。上部の方は無事です。用度は水ゴケで水切れはしてないはずだし、根腐れもしていないと思います。どなたか教えてください。お願いします。

 縁談成立!!
2003年 11月 02日 () 19時 07分 45秒

発信 : 千葉県 RYO さん

G.Mure様ご指導ありがとうございます。
書込みしていただいたマグマダイバー様とすでに連絡を取りあい、花粉を送らせていただくことになりました。送り方法は教えていただいたようにします。
これからもわからないこと等みなさんご指導よろしくおねがいします。

 縁談
2003年 11月 02日 () 09時 07分 08秒

発信 : G.Mure さん

これはすごい!今までカンパヌラタの雄株しか見たことがなかったので1系統売っていないのかと思っていましたが雌雄両方ともあるんですね。
 いっそのことRYO様とマグマダイバー様のカンパヌラタの縁談を進めてみればいかがですか。 
 花粉を送るには先ずラップに花粉を取り、それを花粉がこぼれたり逆につぶれたりしないように丸めて乾燥剤を入れたフィルムケースに入れて送るといいですよ。

 カンパニュラータ
2003年 11月 01日 () 21時 13分 33秒

発信 : 大阪府 マグマダイバー さん

いま現在雌花が咲いてます。種子が取れるかどうかは分かりませんが。

 伊藤さんへ。
2003年 10月 25日 () 00時 35分 11秒

発信 : 千葉県 RYO さん

貴重なご指導ありがとうございました。N.カンパニュラータは現在花粉採取中で、花茎ももう一本出来てきていますのでうまくいけば2本分の花粉が取れそうです。
早速ですがネペンテスの雌花が開花予定で、受粉にしていただける方メールください。種子ができなくても気にしませんのでお気軽に。成功した場合のみ種子を分けていただければそれでけっこうです。よろしくお願いします。

 Re: ネペンテス花粉の保存法
2003年 10月 24日 () 19時 15分 40秒

発信 : 伊藤 さん

花アルバム食虫植物によると、花粉をシリカゲルと共に管ビンに入れ、冷凍室に入れておくと良いそうです。
それと、現在雌花の咲いている人を募集して、花粉を提供し、できた種子を山分けするという手もあります。

 了解です
2003年 10月 17日 () 07時 23分 33秒

発信 : 東京都 タラ さん

 G.Mure 様、コツの伝授をありがとうございます。また何か疑問が生じたら質問させていただきます。よろしくお願いします。

 タラ様
2003年 10月 14日 () 11時 12分 46秒

発信 : G.Mure さん

タラ様、こんにちは。
ハマタの件ですが蓋の動きは乾燥に対しての反応と思われます。幼苗の頃は蓋と袋が離れきっていないので動きがよく分かるようです。特に高地性ネペンテスはどちらかというと蒸れるくらいの方が良いでしょうが外気にさらしたからといって萎びたようになるのはちょっと蒸らし過ぎという気がします。ハマタは冷房なしでも栽培できるとの情報もあります。丁度季節も良くなりますので来年の夏には冷房なしの管理に挑戦するつもりで今から低地性のものと同じ管理を始めて見たらいかがでしょうか。高湿度になれ過ぎた苗を外気に出すには深夜になって気温が十分下がって行う方がなれ易いです。朝、萎びていなければそれでいけますが萎び気味なら水槽に戻し様子を見ながら徐々に馴らします。

 G.Mure 様
2003年 10月 14日 () 09時 15分 06秒

発信 : タラ さん

 こんにちは。 袋の大きさは、2cm弱のものです。夏場はガラス瓶に入れて日が差し込む冷蔵室に置いてましたが、最近は直射日光があたらない外のベランダに置いています。
 それでも蒸れる時があるので、ガラス瓶の蓋を取り外して外気にさらしておくと20分位かけてhamataのフタが閉じ、何か機嫌が悪そうなので、再度、ガラス瓶の蓋をして密閉しますと同じく20分位かけてフタが開いてくるのです。面白いのでこの作業を繰り返していたら、弱ってきました(涙)。 やはり湿度の関係なのでしょうか?

現在の記事へ戻る

JIPS ホームへ

© 1999  JIPS, T.Sakai  All rights reserved.