過去の記事リスト 54

2005/10/23(日) 16:01:34 〜 2006/01/05(木) 19:36:35
 ビブリさんへ。
2006年 01月 05日 () 19時 36分 35秒

発信 : ビブリス さん

ビブリス・フィリフォリアは一年草扱いにして、来年(今年)の春に向けて種を採るといいと思います。

 N.ビカルカラタxラフレシアナ
2006年 01月 04日 () 23時 44分 36秒

発信 : クンダサン じん さん

天然のビカルカラタとラフレシアナの交配種をホームページに載せたよ。
見に来てね。

 ビブリス・フィリフォリア
2006年 01月 04日 () 16時 23分 48秒

発信 : 千葉 ビブリ さん

教えてください。
ビブリス・フィリフォリアを夏から育てておりましたが、どんどん大きくなり
どうなることやらと思っていましたが、秋から冬にかけて枯れて来てしまい
恐怖映画のおばあちゃんの髪の毛みたいになってしまいました。
特に冬場としては日当たりの良いところには置いていましたが、寒さ対策は
していません。この状態はお亡くなりになったのでしょうか、また夏場ような
フッサフサになるのでしょうか。どうすればよいでしょう。

 N.ビロサ
2005年 12月 30日 () 15時 14分 14秒

発信 : クンダサン じん さん

野生のN.ビロサの写真アップしました。見に来てね。

 Re:ソレイユさんへ
2005年 12月 12日 () 00時 08分 27秒

発信 : 徳島県 shira さん

こんばんはソレイユさん!
すごい!!大変貴重な情報ありがとうございます!!
あれから自分なりに時間をみて「D.aliciae」の情報を探したのですが
やはりほとんど見つけられず、ただただ出窓のaliciaeの復活を
祈っていたのですが、あまり変化は見られず困っておりました。
植え直しから3週間、残った2株は何とかまだ緑の小さな補虫葉を
保っていますが、新たな葉の展開は今のところまだのようです。
このソレイユさんの情報からするとうちのも「値伏せ」が
無難かもしれませんね。とりあえずもう少し様子を見て考えます。
ちなみに開花してくれたのに、肝心の「種子」のことは
全く考えませんでした〜!!残念です!!(超初心者らしいなぁ・・)
横においてあった「D.adelae」のポットに種飛んでないかなぁです。
(ただ今、こちらも出窓に避難させております)
全くソレイユさんのおっしゃる通り「枯らしてわかることもある」ですね。
この夏から始めた自分にとって「D.aliciae」はモウセンゴケの中でも
特別気に入っていただけにますますやる気になってきました!!
がんばって勉強していくつもりですのでまたどうかご助言よろしく
お願いしますね。本当に色々貴重な情報をありがとうございます。
また何かありましたら当方からもUPさせて頂く様に致しますので
ソレイユさんからもまた何かありましたら是非お知らせ下さい。
では、本当に貴重な情報ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

<当方栽培状態>
屋外:サラセニア各種:全日照、水苔、腰水=>元気
   ハエトリソウ:全日照、水苔、水やり=>冬ごもりに
   D.binata,D.filiformis:全日照、ピート+パーライト、腰水=>冬芽に
   D.capensis(Alba含む):全日照、ピート+パーライト、腰水=>元気
室内:D.aliciae:前述通り=>変化なし
   D.adelae:ピート+パーライト、腰水=>元気   
  (室内=南向き出窓:日照:日の出〜2時頃、温度:10〜15℃)

 shiraさんへ
2005年 12月 11日 () 21時 35分 55秒

発信 : 三重県 ソレイユ さん

こんばんは!!。
「D.aliciae」ですが、今回新たに株を入手したところホームセンターなどで販売している品種とは出身地が違う種類の品種だと思いますが、夏の頃に成長していたような立派な株が届きました。
それでどうしたらこの時期にこんな立派に栽培できるのかをお聞きしたところ、色々なことを教えて頂きました。
まず「D.aliciae」は成長して親株になり盛り上がってくると突然調子を崩すことがあるようです。
やはり少し気難しいところがあるみたいですね。
枯れた捕虫葉を全部取って新たに「水苔」などに植えると調子を戻すこともあるそうですが、花が咲いて種子も良く出来るそうなので、種子による更新が無難だと言うことです。
また捕虫葉が枯れてしまったように見えても「根っこ」は生きているそうですので、根を5p程度に切って水苔の上に並べてその上から水苔を薄く(1p程度)被して埋めます。
温度を10度前後に保ち、日光に良く当て腰水にしておけば1ヶ月程度で発芽するそうです。
私の栽培していた「D.aliciae」は花が咲きませんでしたので種子更新は出来ませんが、今でも全く状況は変わらず弱ったままみたいですので、今度「根伏せ」を試してみようと思います。
shiraさんの「D.aliciae」は花が咲いたようですので、もし種子が取れているのなら種子更新が良いと思いますよ。
種子が取れなかったのなら、私と同じように「根伏せ」を試してみたら良いと思います。
食虫植物を栽培しているベテランの先輩方が言われるように、植物を枯らしてわかることもたくさんあります。
私もなるほどと思いました。
私の栽培レベルなんて全くの初心者レベルですが、これでお役に立てましたでしょうか?。f^_^;

 マイケルさんへ
2005年 11月 25日 () 21時 43分 16秒

発信 : 熊本 TACO さん

こんばんわ。
マイケルさんの質問にお答えします。
戸外で栽培するのであれば、サラセニアがいいと思います。
他には、温帯性ドロセラも可能です。但し、多年草の種類でも
3年以上維持するのは、経験もいるし、難しいので安い種類の
ものから初めて、栽培法を習得することが肝心だと思います。
食虫植物は、成長がかなりゆっくりしているので、劇的に1年で
大きくはなりません。習うより慣れろだと思いますし、住んでいる
環境・日当たり等様々ですので、一概にこれがいいということも出来ない
と、私自身思います。
入手先は、春先に東京都八丈島の一正園あるいは日の出花壇が通信販売して
いるので、カタログを送ってもらうのがいいと思います。

 はじめまして。
2005年 11月 25日 () 01時 17分 31秒

発信 : 千葉県 マイケル さん

こんにちは。
食虫植物は初心者です。
最近、食虫植物に興味があり近々、栽培を始めよう考えているのですが
出来れば一年を通して戸外で栽培できる食虫植物を探しています。
ですが、私の検索が下手なのか戸外で冬に栽培できる種類の特定が
できませんでした。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、冬の戸外でも育てられる
種類を教えていただけないでしょうか?
できれば多ければ多いほど嬉しいです。たくさんの種類の中から自分の
気に入った種類を見つけられますので。
これから自分でも調べるつもりですが、
是非皆さんのお力をお貸しください^^;

 shiraさんへ
2005年 11月 22日 () 22時 34分 08秒

発信 : 三重県 ソレイユ さん

こんばんは!!。
「D.aliciae」の情報を有り難う御座います。
私が植え替え時に使った栽培土は水苔だけです。
shiraさんが使った「ピートモス+パーライト」でも水はけが良くなるので良いと思います。
「D.adelae」も栽培土は何でも受け付けてくれるようなので、「D.aliciae」もおそらく栽培土は何でも良いのではないでしょうか?。
無責任なことは言えませんが、栽培土にそれほど気を使わなくても良いと思います。
私も夏の間(7月から9月頃まで)は午前中だけ日が当たり、午後から日陰になる場所に置いていました。
このころは新しい捕虫葉も良く出ていて時折虫も捕まえていたし、とても元気でした。
捕虫葉は少しだけ赤く色づいたのですが、残念ながら花は咲きませんでした。
現在の状況ですが枯れてはいないようですが、あまり元気とは言えません。
寒くなった影響もあると思いますが、少しだけ捕虫葉が伸びていると言った状況です。
まあ、ほとんど状況は変わっていないってことです。
今も晴れた日の日中は腰水栽培にして、庭に出して日に当てています。
今の季節はほぼ全日照です。
夕方からはさすがに寒くなりますが、ネペンテスのように本格的な温室に入れるほどではないと思いますので無加温の簡易温室(温度15度くらい、湿度70%くらい)に入れています。
ここには他に「D.capensis」、「D.capensis alba」、「D.adelae」、「D.rotundifolia」「D.spatulata」、「D.intermedia」、「D.tokaiensis」、「D.burkeana」、「D.hamiltonii」、「D.madagascariensis」、「D.ピグミー各種」、「P.ehlersae」、「P.moranensis alba」、「P.agnata Long Leaves x huautla」、
「P.esseriana」、「P.primuriflora」、「P.primuriflora rose」、「P.moctezumae」などを入れています。
この状態でも「冬芽」を作る品種のもの以外は今でも育っています。
「D.capensis」、「D.capensis alba」、「P.agnata Long Leaves x huautla」などは寒くなったにもかかわらず花が咲いているくらいです。
ネペンテスのような温室に入れなければ栽培できないものなら、一般のホームセンターでは販売されないと思いますしね。
おそらく根は生きているので春になったら元気になるかも知れません。
まあ、もう少し様子を見ないと何とも言えないですね。
誰か教えてくれないかな〜!!。

 ソレイユさんへ
2005年 11月 20日 () 15時 20分 16秒

発信 : 徳島 shira さん

ソレイユ様、返信が大変遅くなりまして誠に申し訳ありません。
大変有益な情報をありがとうございます!
早速ですがうちのアリシアも植え替え(植え直し?)+保温を実施いたしました。
掲示板にUPさせて頂いてから様子を見ていたのですが、
状態は次第に悪くなる一方で当方も1鉢に3株育っていたのですが、
1株は完全にダメで、残りの2株も上部の方の2,3枚の丁芽を残して
下部は赤黒く枯れてしまいました。
アブラムシらしきものは虫眼鏡で見ても確認は出来なかったのですが、
とにかくこのまま枯らしてしまうよりかはと思い、思い切りました。
根っこの方なのですが、当方は茶色でした。根腐れなのか?とも思いましたが、
とにかくどうすうこともできず、植え直しました。
水苔への植え替えも考えたのですが、悩んだあげく
これだけ株が弱っていることを考慮して
元のままのピートモス+パーライトに植え直しました。
この様な場合のコンポストの選択ってこれでよかったのでしょうか?
ソレイユさんはアリシアのコンポストは何をお使いでしょう?
もしよろしければ教えて頂けましたら幸いです。
ちなみに当方のアリシアは購入後(8月中頃)から特に何もせずそのままで
一番大きな株から花茎を揚げて小さな花も見せてくれました。
どなたかのサイトでも書かれていたのですがその頃は株が赤く染まり
大変美しかったです。
我が家では残念ながらアリシアはこの1鉢のみしか栽培しておらず、
復活を祈るのみです。
ソレイユ様、本当に有益な情報をありがとうございます。
また当方でもアリシアの今後の経過や何かアリシアに関しての情報が入手できましたらUPさせて頂きますね。
もしソレイユ様もお手すきでしたら残ったアリシアの経過等をUPして頂ければ幸いです。
本当に貴重な情報をご教授して下さりありがとうございました。

<D.アリシア植え替後栽培状態>
置き場所:室内、南向きの出窓 日照:半日陰(日の出より午後2時頃まで)
温度:日中約20度、夜間約16,7度 コンポスト:ピートモス+パーライト
上記の条件で深受け皿にて腰水栽培、今後の復活に期待。


 Re P.lusitanica
2005年 11月 16日 () 01時 01分 11秒

発信 : 鹿児島 慈眼寺農場 さん

ウッキーさん今晩は。はじめまして。

P.ルシタニカの事ですね(ルシタニカとはイベリア半島の古名)。
親株は直径2cm〜大きくても5cmですね。
現在5mm程度でも、来年の初夏までには花を咲かせますが、
大体2年草と考えて扱った方が良いです。

「救仁郷さんのあやしげな世界」で検索しますと、詳しい情報がご覧になれます。

 P.ルシタカ
2005年 11月 16日 () 00時 41分 01秒

発信 : ウッキー さん

P.ルシタカの親株は最大でも何センチくらいあるのですか?以前、入手したのですがあまりにも小さすぎてびっくりしてしまいました。どなた知ってる方がいましたら教えてください。

 shiraさんへ
2005年 11月 12日 () 21時 05分 59秒

発信 : 三重県 ソレイユ さん

初めまして。ソレイユです。
「D.aliciae(アリシアモウセンゴケ)」ですが、私と同じような感じになっているようですね。
私は2鉢栽培していましたが、こちらの掲示板に投稿してから両方とも水苔単用で植え替えをしました。
どちらの鉢も1鉢に3株ずつありますが、株の大きさは中株くらいで花は咲きませんでした。
「根っこ」は株の大きさに比例してそこそこ長めの白色で真っ直ぐ下向きに生えていました。
私のアリシアモウセンゴケの1鉢は、どうやら「アブラムシ」に好かれてしまったみたいです。
捕虫葉の上に白くなっているアブラムシの残骸らしきものが点々と残っていました。
アブラムシ退治にオルトランを散布しようかとも思いましたが、株も弱っている感じだったので農薬は出来るだけ使わないようにと鉢ごとバケツに水を張って水攻めにしてみました。
その後しばらく様子を見ていましたが、この鉢の「アリシアモウセンゴケ」は回復することなく2週間ほどですべて枯れてしまいました。
回復するようにと湿度を高めにして管理していましたが、湿度が高いと捕虫葉も水分でベトベトになってしまったので、あまり湿度が高いのはダメかもしれません。
残っている1鉢はアブラムシには好かれていませんでしたが、今もshiraさんと同じ状態です。
私は他にも18種類くらいドロセラを栽培していますが、他のドロセラにはアブラムシは付いていなくて元気に育っているのですが、なぜかこの1鉢の「アリシアモウセンゴケ」だけにアブラムシにやられてしまった感じです。
その後もネットなどで色々調べてみましたが、アリシアモウセンゴケは葉の寿命が来るとだんだんと枯れてその上に積もっていくように捕虫葉を展開していくみたいです。
ですから下葉が枯れているのはごくごく自然の状態のようですね。
冬芽は作らず多年草のようですが、寒さには弱いようですので寒さからは保護してあげないとダメみたいです。
「アリシアモウセンゴケ」は「D.capensis」、「D.filiformis」、「D.binata」のように水と日照があれば簡単に栽培できると言うようなものではないようです。
「D.rotundifolia」のように花が咲いて8月くらいから弱ってくる、くせ者かもしれません。
大株であれば体力もあるでしょうから回復が早いと思いますが、小株や中株では体力がないのかもしれませんね。
私のところは良く晴れた日の日中は今でも20度を超えていますので外に出していますが、夕方になり日が沈むころから気温が下がり夜間は10度前後になりますので、夜間は無加温の簡易温室に入れています。
徳島県はもう少し暖かいかな?。
温室内の温度は無加温でも20度くらいあります。
このまましばらく様子を見てみようと思っていますが、何とか育って欲しいものです。
shiraさんも何かわかりましたら教えて下さい。

 アリシアモウセンゴケなんですが・・・
2005年 11月 02日 () 20時 10分 15秒

発信 : 徳島 shira さん

皆様初めまして。四国の徳島在住のshiraと申します。
この夏からホームセンターのハエトリから食虫を始めた超初心者ですが
ハマってしまい入門用のサラセニア、モウセンゴケを何種か育てております。
ところが「D、アリシア」だけが突然下の方の葉から赤黒く枯れてきて
現在上の方の3,4枚の葉のみが正常といった感じになってきております。
夏場日光に当てすぎたのが原因なのか?根腐れなのか?
もしくは9月に投稿なさっておられる三重県のソレイユ様同様
「アブラムシ」なのか?もしかしてまさか休眠とかではないですよね・・・?
ともかくアリシアモウセンゴケについての詳しい情報が入手出来ませんでしたので
どなたか対処法など、アリシアモウセンゴケについての詳しい情報がありましたらどうかご教授下さい。
どうかよろしくお願い致します。

<栽培状態>
8月に園芸店にて購入、「D,adelae」「D、capensis」と一緒に
購入後のビニポットのまま腰水の出来る小型プランターに半日陰にて
(午前中のみ日光)栽培、用土は購入時のままでピートモス+少量のパーライト、つい先日までは元気だったが1週間程前よりD、アリシアのみが上記状態となる。

 質問
2005年 10月 23日 () 16時 01分 34秒

発信 : MAMI さん

今かってるネペンテスのために加湿器を買おうと思っているのですが、
どんな加湿器が良いんでしょうか?
よかったら教えて下さい。

現在の記事へ戻る

JIPS ホームへ

© 1999  JIPS, T.Sakai  All rights reserved.