過去の記事リスト 93

2011/07/03(日) 17:47:59 〜 2011/08/14(日) 21:49:43
 無菌播種について
2011年 08月 14日 () 21時 49分 43秒

発信 : 富山県 食虫太郎 さん

何週間か前に友人から「無菌播種は培地に殺菌剤いれておけば簡単に出来るのでは?」という話がありました。
でも実際は殺菌剤を培地に入れておけば簡単に出来るのでしょうか?薬害などの心配もあると思うのですが?
また実際にやってみた方はいないでしょうか?
回答よろしくお願いします。

あと神奈川県のスイセンさん、回答ありがとうございました。

 無菌播種について
2011年 08月 14日 () 21時 48分 17秒

発信 : 富山県 食虫太郎 さん

何週間か前に友人から「無菌播種は培地に殺菌剤いれておけば簡単に出来るのでは?」という話がありました。
でも実際は殺菌剤を培地に入れておけば簡単に出来るのでしょうか?薬害などの心配もあると思うのですが?
また実際にやってみた方はいないでしょうか?
回答よろしくお願いします。

 ありがとうございます
2011年 08月 14日 () 16時 31分 21秒

発信 : 新潟県 おもしろしょくぶつ さん

埼玉県の鈴木 稔さん、回答ありがとうございます。
参考になりました。

 遅ればせながら
2011年 08月 13日 () 23時 07分 42秒

発信 : 神奈川県 スイセン さん

食虫太郎さんへ

H.pulchella、H.minor などは低地性ネペンテスと同様で問題ないと思います。一時期、ミズゴケ植えで30℃以上、湿度90%、ガラス越し日光の状態で育てていましたが問題はなかったです。

現在は管理する種が増えたので、砂利植えで高地性ネペン水槽で水温20℃の腰水で育てていますがむしろその二種に関しては、高温のほうが成長は良かったです。葉の持ちは低温のほうがいいですが。

あと輸入など根がむき出しの状態で入手する時は、小苗での入手のほうが持ち直しが利くのでオススメです

 皆さんありがとうございます!
2011年 08月 13日 () 22時 02分 50秒

発信 : 富山県 食虫太朗 さん

参考になりました!!
ありがとうございます!!!

 ご参考
2011年 08月 13日 () 17時 38分 00秒

発信 : 愛知県 愛知のShingo さん

食虫太郎 様 へ

ご参考まで。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku5s-ucd/Carnivor/Sample/sample/sample/cpContainer.html の栽培場所
,栽培設備をみてください。

なお,このページは現在メンテナンスをしていません。

 富山県 の 食虫太郎 さんへ
2011年 08月 13日 () 14時 40分 26秒

発信 : 大阪 みのちき さん

私の所ではまだ小苗ですが野外放置栽培してます。
腰水にはせずに毎朝水をやっています。
遮光せずに栽培していたら葉焼けしたので遮光はしています。
葉焼けしたものは少し小さくなってしまいましたがそれ以外のものは順調に成長しています。

 新潟県 の おもしろしょくぶつさんへ
2011年 08月 12日 () 19時 49分 59秒

発信 : 埼玉県 鈴木 稔 さん

殺菌剤を使うと、腐りにくくなりますが薬害のリスクや心配があります。使わないとカビが生えて腐ってしまう心配があります。つまり、どちらにもリスクは付きまといます。現地では、自然播種された種子が殺菌剤など当然使われずに発芽して成長していきます。ですから私は自然の通りに、殺菌剤を使わず、播種します。できることでは、播き床のミズゴケを煮て雑菌を殺したうえで播いていますが、カビは生えるものの発芽してきます。あとは種子の鮮度がネックでしょう。自宅で採種した種子はとにかくカビようと一気に発芽してきました。ご参考になれば幸いです。

 ネペンテスの種子について
2011年 08月 12日 () 13時 56分 09秒

発信 : 新潟県 おもしろしょくぶつ さん

ネペンテスの実生栽培をやっています。

皆さんはネペンテスの種子を蒔くときに殺菌剤(ベンレートとか)を使っていますか?

どなたか回答お願いします。

 ヘリアンフォラについて
2011年 08月 10日 () 17時 03分 29秒

発信 : 富山県 食虫太郎 さん

ヘリアンフォラについてですが、皆さんはどのような栽培環境で栽培しているのでしょうか?ぜひ教えてください。


 ダーリングトニアの栽培環境について
2011年 07月 09日 () 13時 47分 55秒

発信 : 大阪 みのちき さん

ダーリングトニアの栽培の失敗談などについて聞きたいのですが
ダーリングトニアが夏どの時期に調子を崩し始め、どの時期に枯れてしまうのか、その時の栽培環境などについて、これからの栽培の参考にしたいので答えていただけるとうれしいです。

逆に上手くいった方法も参考になるので書いていただけるとありがたいです。

たくさんの方の意見を聞きたいので栽培されたことのある方はぜひ答えていただければ幸いです。

 イビセラ情報提供に感謝♪
2011年 07月 05日 () 12時 03分 19秒

発信 : 秋田県 ポメラー さん

東京のクマさん!ナイスな情報を掲載しているブログや掲示板を
教えてくださり感謝します。
写真画像を見た限りでは20センチ程度の感覚で離して、
植え付けたほうが良いのかと推量しました。
しかし、イビセラを引っこ抜いてしまうどころか
来年も畑で生育を始めるのを恐れるなんて・・もったいない(笑)

 Re:ネペンテスアラタの挿し木について
2011年 07月 04日 () 18時 26分 17秒

発信 : 東京のクマ さん

to ちえ さん
挿し木を実際にやっているかたの写真を探してみました。

あくまで自己責任でお願いします。


挿し穂に関して@参考URL:

http://blogs.dion.ne.jp/1121shijimizuka3/archives/7123075.html

http://www.geocities.jp/t000271/nepen_uekae.htm

水切り@参考URL:
http://k-ikebana.com/kihon/mizuage-1.html#anchor4
● 水切り 深い水の中で切ります。斜切りにして、面積を大きくします。水の中で切ると空気が入らず、水圧で水揚げを促進してくれるのです。ほとんどの植物に有効です。草花の傷んだ切り口を更新する際にも必ず水の中で切る習慣をつけましょう。

 ネペンテスアラタの挿し木について
2011年 07月 03日 () 23時 55分 44秒

発信 : ちえ さん

こんにちは。
アラタがだいぶ伸びて荒れてきたので、切り戻しをしたいと思います。
その時に、
挿し木を撮りたいので。切る部分について調べていました。


ネペンテスの挿し木について。
伸び伸びになったネペンテスアラタを切り戻し、挿し木をつくりたいと思います。
大元を切る位置は葉のすぐ下がもっとも良い。と、読みました。

しかし、何本か取るとき、『ネ ペンテスの潜芽は葉の少し上の窪んだところにあるので必ずこの部分をどの挿し穂にもつけるようにします』との説明がいまいち把握できないのですが、どのあたりの部分のことでしょうか?

茎の、葉が生えて居る根元の少し上あたり ですか?
よろしくお願いします。

 イビセラ・ルテア
2011年 07月 03日 () 17時 47分 59秒

発信 : 東京のクマ さん

秋田県 の ポメラー さん
私もイビセラ・ルテアの種を貰い、プランタに植えて発芽待ちをしております。
大きさに関してはこの辺が参考になると思います。
育て方によっては10号ぐらいの大きさになるようですね。

参考URL:
http://yamamotokosaku.blog63.fc2.com/blog-category-13.html
http://jpdo.com/bb02/263/joyful.cgi?list=pickup&num=142

現在の記事へ戻る

JIPS ホームへ

© 1999  JIPS, T.Sakai  All rights reserved.