思いつくままに (2018/9月)



    9月になります。

    9月といえば、芋名月とも呼ばれる中秋の名月の月です。

    中秋と言うことは、初秋・中秋・晩秋のうちの中秋ですから、秋真っ盛りという事なんですが、

    8月7日が立秋だと言われてもピンと来ないのと同じように、まだ秋とはとても思えないですよね。

    それでも空を見上げれば、入道雲のいない隙を狙って鱗雲やスジ雲がひょいとあらわれたり、

    道端の木立の中からはツクツクホウシやカナカナの鳴き声が聞こえてきたりと、

    猛暑の中でも次の季節の芽が一寸ずつ割り込んできているように思えます。

    ここ何年かのような異常な暑さ、何時までも終わらないと思えるような酷暑の日々の中でも、

    ちゃんと次のステージの準備が行われている事に気付くと、今の過酷さにももう一度向かっていけるような気がします。


    でもそれは、我が地球の気象環境が、今より悪くならないという前提を元にしての話です。

    私たち一人一人が、自分に出来る環境維持は何なのかをもう一度、改めて考えながら、

    清々しい、素敵な中秋の名月を迎えられたらなぁと思っています。

                                                  2018/08/31




                              Topへ