★ 基礎関係 A ★

これはウッドデッキ部分の束石も一緒に作ります。

いよいよコンクリート打設です。今日は5m3です。とりあえず大型車で4m3を持ってきてもらい、残を見ながら残りの搬入となります。

今日の作業に職場のみんなが来てくれました。総勢15人。なので、クレーンは無し。

さー いよいよ鉄筋工事です。
これまでの工程でも思ってた以上に手間がかかります。 

浴室部分の基礎も高さ合わせのモルタル塗り。

基礎のセパコーンの穴を埋めます。ふつうはモルタルで埋めるのですが・・・素人はこれ。プラスチックの「ヒットコン」です

基礎の底盤の縦横筋の組立
今日の助っ人は父と友人の猿。

コンクリートが綺麗になっていない所
「ジャンカ」の補修です。

2014/6/28

打設作業から5日目、型枠を解体します。

コンクリートの出来を心配していましたが、思ったよりきれいに出来上がってます。

上々の出来です。

作業終了後は、みんなで焼肉です。今日の作業報酬です。

このC型セパレーター(仮設型枠間隔保持材)は見えない所に使用。巾150

このB型セパレーターは打ち放し面に使用。他にBCセパも使用。

仕事が休みの時に手伝てもらっている近所の松尾さん兄弟と、うちの親父。休憩中。

型枠を解体しました。なかなかきれいに出来てます。

立上り型枠作りです。まずは浴室部分。コンクリート面がそのまま出るので、化粧型枠使用です。

他の立上り部分も外周面は化粧型枠使用です。もちろんPコンの割付もバッチリ。

さすがクレーン車、一輪車で打つよりはるかに速い。今日は16m3。

近所のおじさんと友人が作業を手伝ってくれました。5人で作業。

基礎ベースコンクリート打ち完了。

2014/5/24

2014/5/18

基礎 完成

裏にコーキングを塗り、ハンマーで叩き込みます。左が穴埋め前、右が埋めた後。

爺さんと子供の助っ人です。

助っ人のおかげで、ほぼ組み立て完了。

2014/6/25

配管用スリーブの入れ忘れがあり、コア抜きしました。この機械は電気屋さんから。

やはり素人ですな、高い所は斫ります。

ホッパーと一輪車での作業です。ホッパーはユンボで吊り下げます。

一輪車は若手中心に作業。他は型枠を突いたり叩いたり。
ジャンカが出来ませんように!

コンクリート打設、終了。

型枠にセパを取付け、ホンタイを付け、鋼管を渡し、当板で締め付けていきます。

低いところは2段の取り付け。

高いところは縦にも鋼管を添えて、バレないようにこの周りを鎖で締め上げます。

ここも鉄筋の高さにテープを巻きます。

今度の打設作業はホッパーを使います。クレーン車で吊り上げます。これも近所から借りてきました。

クレーン車を設置し、生コン車も到着。打設開始。さすがに大型車はでかいです。小さいほうの道路は通れません。

工房 topへ

2014/6/14

2014/5/11〜

2014/5/2

2014/6/19

2014/5/20

高さをレベルで確認して、高さ合わせ。

2014/07/11

2014/6/11

型枠が出来上がった所で、アンカーボルトを埋め込みます。固定出来るように全部に木片を付けました。75本

所定の高さと、基礎の中心になるように設置していきます。中心にならない所は・・・ 土台で調整かな。

これはホールダウンアンカーボルト。5本設置。

鉄筋の搬入。基礎図と鉄筋の加工図を鉄筋屋さんに注文。補強筋などの予備筋と結束線、サイコロも一緒に到着。

2014/5/31

鉄筋曲げで調整を行います。

--------------------------------------------------------------------

順次、組み立てていきます。

デッキ部の基礎天端も曲げた鉄筋で板を挟みモルタルを塗って高さを合わせます。

鉄筋の組立には結束線をハッカという道具で結んでいきます。

鉄筋の下に敷いているのがスペーサーブロックで、かぶり厚さを確保してます。基礎下は60mm。

コンクリートの打設高さに墨出しし、面木を入れます。