★ 座卓(折り足) ★

息子の希望により、ちょっと変わった形の座卓の注文です。
座卓の高さと、足をたたんでぐっと低くも使えるように・・・ とのこと・・・

★2008年12月

No-30

出来上がりです。

と言う事で、さっそく材料を買ってきました。
これも、いつもの星野村の山昭製材所へ
これまたいつもの 楠木です。
長さ 2600、幅 400〜800、厚さ 40 です。

そんなに大きな物はいらないって事で半分にカット。

115cm×40cm〜80cm

ちょっと変わった形になります。
しかし、木目が通ってないのでクセリが心配です。

足材を切り出しました。ちょっともったいないけど、厚板を細く切って足の材料を切り出しました。
折りたたみ式なので、普通はH:300、足をたたむとH:120になる予定。

足の部材を、トリマーを使って面取りします。
道具があると便利ですね。すごく早くて綺麗です。

足材をサンドペーパーで磨きます。#150→#240→#320

磨いた後、組み立て。
木製のダボを2本使い、木工ボンドで接着。

組み立て。
クランプで締め付け
しばらく固定。

天板の裏に取り付けるそり止めです。
3本切り出します。

長さはそれぞれ600、470、350
幅42mm高さ50mm

裏材の取り付け
埋め込み穴径φ10mm
木ネジ65mm

鬼目ナットの埋め込み
足を立てたときの固定に使います。

裏材を3本取り付け

角をトリマーで取り、サンダーで仕上げ。

いつものオイル塗装を行います。
リボスカラーオイルクリアーを使用。

一度塗って、30分後にウエスで拭取り、再度塗装。それから一時間おきに拭取りを行います。

足固定用のマグネットの取り付け。ネオジウム磁石を使用。

裏面。
足を折りたたんだ状態です。

幅:115cm
奥:40cm〜80cm
高さ:30cm(折り足時は12cm)