★ 桧 床 ★

★2010年7月

No-53

現在、あちこちに手摺を付けていますが、浴室洗面の床も古くなってきたので、張り替えることにしました。

〜 リフォーム完了 〜

建設当時のCFも8年ほど前にも新しいCFに張りかえていたので、今回で2回目の張り替えです。

まずは洗面台を外すため配管を外します。

洗面台 撤去。床からの給水管、温水管、排水管はそのまま。

古いCFを剥がし、下地の合板に丸のこで切り撤去していきます。

床板撤去完了。根太が出てきました。

新しい床板を張っていきます。
桧板:幅108mm×厚15mm

おまけ作業。壁のタイルの目地にカビが入り、擦ってもなかなか取れないので黒目地に変身。

新しい洗濯防水パンを取り付けます。
640×640

パンのトラップの大きさに合わせて床板に穴を開けます。

まずドリルで穴を開け、ジグソーで大きく開けます。根太、大引きに注意です。

床下にはいろんな配管があります。VU50管に蛇腹管で取り付け。

パンをビスで固定し完了。

これもおまけの作業。
壁も塗り替えてます。

床張りの半分が終わったので残りの半分に取り掛かります。

今回は釘を使わずミニビスで留めていきます。

床下点検口も付けました。
450×450

入口の横はタンスが来るので、隠れる所で板を継ぎます。

洗面台の下。配管用に穴を開け管を通します。給水管、温水管、排水管。

床板を張り終え、洗濯機と洗面台を設置。タンスを戻して完了です。

それにしても夏場の作業は暑い。
猛暑日を記録する日に狭い場所での作業はたまりません!
大量の汗に少しは痩せたかと思ったのですが・・・補給すキリンフリーのせいで・・・

工房 topへ