★ ウッドデッキ ★

★2013年9月

No-68

工房 topへ

職場の人が住宅を購入しました。その住宅にウッドデッキを作ることになりました。
それと一緒に目隠しのフェンスも。忙しくなるぞー。

--------------------------------------------------------------

2013/8

居間と和室の前にはテラスの屋根だけ。デッキがあったらいいな〜。

って事で、ウッドデッキの依頼がありました。
大きさは7m×2.5m。
けっこう大きいですよ。

デッキの材料が届きました。使用材料はサイプレス(豪州桧)とウリン材。今回もリーベさんに発注。大引、根太、板材で50本程度。

根太として使用するウリン50×55。丸のこでカットするが・・・さすがに硬い。重い。

硬い分だけカット面が綺麗です。

大引き材サイプレスの腰掛け加工。
75×75×3700×2本継ぎ。

2013/9/7

今日から現場での作業です。
遣り方、水糸を張って基礎の位置出し。

2013/9/15

まずは穴掘り。真砂土が硬い。
汗水流して、家主と二人で22穴。

基礎穴にクラッシャーランを入れて、締め固め。

クラッシャラーンの上に空練りモルタルを敷き、基礎ブロックを設置。

大引きと根太の設置。
大引材はサイプレス75×75
根太のウリンに下穴を開け、ビスで固定。
しかしウリン材が硬いので、作業が進まない。

根太材の設置。サイプレス材がなかったのでウリン材を使用。50×55

板材の張り付け。
サイプレス25×120.

2013/9/21

大引き根太の作業も終わり、板材の張り付け作業。サイプレスの板材に下穴を開け根太にビス留め。ビスは硬材専用のビスを使用。
 それにしてもウリンが硬いのでインパクトドリルのビット先が次々と割れます。
 板も反りがあるので修正しながらの作業。

それにしても暑い。暑い暑い。倒れそう〜。

今日一日で仕上げる予定なので、大人数(7人)です。デッキ製作組とフェンス製作組の二組に分かれての作業
夕方の乾杯を目指して・・・

フェンス組は終了したので、デッキ製作へ合流。板張りの終わった所から塗装開始。

昼食や飲料水の補給、打上のサポートの女性も塗装に参加。
デッキの形が見えてきました。

こっちは、まだまだ板張り中。
暑さと疲労で作業が進まない・・・。
日暮れまでには・・・。

塗料はアサヒペンのウッドガード。

作業にも慣れてきて、作業人数も増え、怒涛の進撃。@板の位置決め人、Aビス穴の位置決め人、B下穴開け人、Cビス置き人Dビス留め人、作業が流れるように進んで行きます。

板張りも終わり、すぐに塗装作業。
出来上がりは日が暮れてました。
塗装はとりあえず1回塗り終了。

作業現場を片付けて、打上です。樽生ビールで乾杯!

西側から撮影。

東側から撮影。
広い部分はテーブルや椅子が置ける広さです。
  長さ=7、300
  奥行=2,500
  高さ=350

塗装は・・・まだ1回塗り。仕上塗りは後日家主が行う予定。