奄美諸島の島巡り〜

2007年11月

いつものごとく 南の島へ 初老・中年4人組み・・・

9:15 福岡空港 発
   ↓ JAC3643ボンバルディア

10:00 鹿児島空港 着
12:15 鹿児島空港 発
   ↓ JAC3805サーブ

13:35 沖永良部島 着

奄美大島

沖永良部島

徳之島

与論島

いつも自転車を飛行機に乗せてます。
普通の手荷物として乗せるために、輪行袋に入れることになります。その手順です

自転車の前後輪を外し、ハンドルを回して固定。

前後のホイールでフレームを挟み紐で固定。このとき傷が入らないようにフレームに当たるところはタオルなどでカバーします。

袋に入れたときに自立するよう、重量配分やタイヤの開きを調整しながら固定します。

ブレーキワイヤーが折れないように注意。ブレーキレバーも握った状態で固定。

特にRDはぶつけやすい場所なので保護が必要。

フロントフォークもスペーサーを噛ませて保護したほうがいいですね。

後は、ガタ付が出ないようにしっかり固定。

袋の中に、機内持込が出来ない工具やスポーク、ナイフ。それと邪魔になるヘルメットやサングラス、ウェアーなども入れます。

こんな形になります。
空港では手荷物で預けますが、自転車なので「壊れてももんくを言いません誓約書」にサインが必要です。もちろん着いたときはコンベヤーから出てこないので、手渡しでの受け渡しになります。

袋に 割物注意や天地無用のシールを貼ります。(効果は期待出来ませんが・・・)

検査機を通る自転車の画面です。レントゲン見たいに全部見えますよ。
手荷物は15kgまでですが、ちょっとのオーバーは大丈夫みたいです。

もちろん、無料です。

福岡空港から鹿児島空港へ。ちょっと小さなプロペラ機
そう、あのボンバルディア機です。胴体の上部に主翼が着いているのでタイヤが見えます。

鹿児島空港から沖永良部島へ。もっとちっちゃなサーブ機です。なんと座席は3列。バスよりちっちゃな感じです。

沖永良部島に到着。
この島は南の島だけど鹿児島県です。沖縄の琉球とはちょっと雰囲気が違います。気温もちょっと低め。

今日の宿泊は和泊港の沖えらぶシーサイドホテルですが、島の中央にある昇竜洞まで走ります。
すでに午後2時を回っているので急がなくては!

〜あ〜明日から仕事か〜・・・

ちなみに映画「八つ墓村」で撮影に使われた洞窟です。

空港のある和泊町から知名町へ。海岸線通りより一本山側の道を走ります。知名町役場の前を通っていよいよ昇竜胴まで、えっこらえっこら上ります。たいした登りではないのですが、普段の運動不足と加齢のせいで前に進まない・・・

いよいよ昇竜洞へ。もうすでに夕方になっており、お客は誰もいない。入場料を払って中を見学。

おおー たいしたものです。しかし、洞窟も素晴らしかったのですが、洞窟を出てからの景色に感動しました。
大きなシダが生い茂り、まるでジュラシックパークに迷い込んだみたいです。5mほどのゼンマイやワラビ(みたいな)が沢山です。一見の価値ありです。

さて、昇竜洞を後にしてホテルへ。
来た道を戻るのですが・・・
途中で日が暮れてきました。当然、夜まで走るとは考えていなかったので、ライトが無い。坂道を走ったので疲れている。家も少なく真っ暗。
時々通る車のライトを頼りにホテルに到着 PM7:30

疲れた体をお風呂で癒し、いざ食卓へ。毎度の事ながら旅行の楽しみはご当地料理。ご当地酒。
写真に取ると豪華に見えるのですが・・・ 普通の普通の料理でした。まずくは無いのですが、ハンバーグとフライだし、ビールはアサヒだし。ちょっとがっかりです。

1日目終了。

13:20 沖永良部空港 発
   ↓ JAC3850サーブ

13:55 奄美空港 着

今日は沖永良部島を少し走って、お昼の飛行機で奄美大島へ向かいます。自転車は今日までの予定。午後からはカヤックで遊ぶ予定です。

沖えらぶシーサイドホテルを出発し、島を横断するように北へ向かいます。昨日しっかり走ったので、今日はほんとにゆっくりです。途中で熱帯植物園でお茶休憩。

さて、いよいよ日本一のガジュマルを見に行きます。
このガジュマルは明治31年【1898】に国頭小学校の第一回卒業生が植えたガジュマルが大木となったそうです。

メインの通りよりちょっと入った所に国頭小学校があり、校庭にありました。大きなガジュマルの木。
しかし・・・ちょっと形が違うような・・・ なんとその奥のグランドにもっと立派なガジュマルが!!!

すごい凄い。枝が折れないように何本もの杖に支えられて、“この木何の木”に似てますね。 

沖永良部空港に張ってありました。
この豚とジーナが好きです。
「飛べない豚はただの豚さ!」

沖永良部島を飛び立ち30分。奄美大島が見えてきました。
それにしても、さすが離島便。低く飛びますね〜。

ちょっと天気も悪く、日が射していないので空も海もどんより見えます。
それに、沖縄と違ってそんなに珊瑚礁は多くないようですね。

午後からは・・・自転車を捨て、カヤック遊びの予定。
宿泊はカレッタハウス。そのホテルからワゴン車で迎えに来てもらい、
自転車ごとホテルへ 。 ちょっと軟弱ですかね。

さー 午後からの短い時間ですが、初カヤックです。
当然カヤック用のウェアなんてものは持ってないのでサイクルジャージとレーパンです。
先生から、一通りの乗り方やこぎ方を教わりましたが・・・
 乗ってみなきゃ分からないって事で、説明もそこそこに乗船します。
一人艇×3と二人艇×1の計4艇で出発。
おー 凄い凄い。思ったよりスムーズに進みます。
が、真剣に進路を修正しないとかなり曲がってしまいます。

←こーんな感じ(津) ↓こーんな感じ(松)でこいで進みます。
風の当らない湾内なので、すごくスムーズです。

午後からの数時間のアメンボ体験でしたが、夕方になりホテルへ

今日の宿泊はカレッタハウスです。
このホテルはいろんな体験が出来ます。
夏のシーズンに来るといいんでしょうが・・・

宿泊する部屋もちょっと変わってて、海遊びから帰ってきて直接部屋に入れます。もちろん外にシャワーも完備。

ホテルの部屋もメゾネット形式で、大人数でわいわい泊まるにちょうどいい感じです。

今日は自転車に乗って下半身の運動をして、カヤックで上半身の運動でした。
 お腹も減ってきた〜
って事で、さっそくホテルの夕食。
大食いにはたまらない しゃぶしゃぶの食べ放題!!!

ビールと共に 
二日目終了です。

さてさて、なんちゃって自転車部隊は自転車を乗り捨てたために、三日目の今日はレンタカーを借りて奄美大島の観光者となります。

今日は最終日です。帰りの飛行機は16:00発です。
朝早くから自転車を袋に詰め込み、空港に預けレンタカーを借ります。
奄美大島は思ったより大きく、一番南端までは無理そうです。

(猿)

奄美空港から58号線を通り奄美市へ。瀬戸内町方面へ車で走ります。
瀬戸内町の少し手前の住用町にある黒潮の森マングローブパークへ行きました。パーク内にあるケーブルカー?に乗り展望台へ。見事なマングローブが見れます。

でも、ここは寂しくなるくらい観光客が少ないですね。

奄美大島の料理と言えば? そうです。鶏飯ですよね。

観光パンフレットを見ながら名瀬市内の地とりの「鳥しん」さんへ行きました。お昼から地元の人も沢山来ているお店です。

おー さすが地元本場の味です。絶対お勧めです。
お店はここです→http://www4.synapse.ne.jp/torisin/

もう一つ、奄美といえば・・・ そう、大島紬ですね。
お腹も落ち着いたことだし、大島紬村へ。

名瀬市から空港へ向かう途中にあります。入場料500です。
大きな施設です。泥染めの様子や機織の実演があります。
ほーってびっくりしたのは、染めも凄いのですが織るのが凄い。
細ーい糸を少しづつ模様を織って行きます。大島紬の値段の高いのに納得です。

泥染め作業

機織作業

あーっと。時間が無くなって来ました。
帰りの飛行機は18:00発鹿児島行きです。
大島紬村を後にして、あやまる岬をちょっとだけ観光して空港へ。
空港より鹿児島→福岡へと無事帰って来ました。

今回は、カヤック体験はあったのですが、島歌ライブに行け無かったのが残念です。