住所:小郡市大崎1番地
    (大崎の地番はここからはじまってます)
階段を上がると石の鳥居が2つあり、その鳥居の間に大きなしめ縄が下がっています。このしめ縄は年に2回新しくなります。七夕神社の氏子の人たちがが12月中旬に集まってしめ縄を二つ綯い、正月前と七夕祭りの前に古いしめ縄と付け替えます。
 ぶっといしめ縄を見てくださいね。
神社の鳥居の真ん中に姫社神社(ひめこそじんじゃ)の額があります。
台風の時に木が倒れかかり破損していましたが、このたび新しくなりました。金文字が入りかっこよくなってます。
(2002年11月)
七夕神社の前に案内板が設置してあります。この案内板の横の石の階段を上がって境内へ入っていきます。
 毎年大晦日になると七夕神社に篝火が焚かれ、ぜんざいが振る舞われます。今年もぜんざいと焼き鳥が準備される予定です。
参道を進んで行くと灯籠と狛犬があります。どちらも古びて苔むしています。
一つ目の鳥居をくぐって右手にちっちゃな手洗いがあります。ここで手を洗ってください。この手洗いの奥が藤棚です。毎年5月初旬に綺麗な藤の花が下がります。
普段は静かな境内ですが8月7日の夏祭りの時は大勢の人で賑わいます。
 知ってました? 七夕神社の境内左手奥に小さなお社があるのを。 このお社は天神様だそうです。
菅原道真の分身を祀ってあるらしいのですが、いつ頃からかはわかりません。でも、あの太宰府天満宮と同じ菅原道真と言うことは、そう、学問の神様です。
受験生のみなさん このお社にも一度、お参りください。
本殿右手奥に倉庫があります。この中には御神輿と太鼓が入っています。夏祭りの時に子供達が行列を作り練り歩きます。