***クーリングオフ***


*〜環境に優しい防災用品〜*

株式会社 芙 容




「クーリングオフ」
を紹介します。


●クーリングオフとは、
オンラインショッピングで買い物をする場合に多くの利用者が勘違いするのが,
"クーリングオフ"制度の適用についてです。


クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売など特定の取引方法で契約した
場合に、いったん申し込みや契約をした後でも一定の条件を満たせば、消費者が
一方的に契約をやめることができる制度です。
クーリング・オフにより契約をやめる時には、特別な理由はいりません。
何らかの費用を負担する必要も一切ありません。


無店舗販売を規定する「特定商取引に関する法律」や「割賦販売法」のほか、
個別の商品、販売方法、契約等の種類ごとに「特定商品等の預託等取引契約に
関する法律」、「宅地建物取引業法」、「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に
関する法律」、「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」、「保険業法」
等で規定されているのです。


クーリング・オフをすると、契約はなかったことになります。
受け取り済みの商品は業者に返品し、支払い済みのお金は全額返金してもらうこと
ができます。工事契約で施工済みの場合は工事前の状態に戻してもらえます。
返品費用や工事前の状態に戻す費用は業者が負担することになっているため、
消費者には一切、費用はかかりません。役務契約ですでにサービスを受けている
場合でも代金を支払う必要はありません。


(1) 訪問販売 法定契約書面を受領した日から8日間 キャッチセールス、SF商法など
で契約した指定商品・権利・役務の取引
(2) 電話勧誘販売 法定契約書面を受領した日から8日間 資格取得用教材など、
指定商品・権利・役務の取引
(3) 特定継続的役務提供 法定契約書面を受領した日から8日間 エステ、語学教室、
学習塾、家庭教師派遣、パソコン教室、結婚相手紹介サービス
(4) 連鎖販売取引(マルチ商法) 法定契約書面を受領した日から20日間 健康食品、
化粧品など、すべての商品・権利・役務
(5) 業務提供誘引販売取引 法定契約書面を受領した日から20日間 教材、チラシなど
*
の購入を伴う内職。すべての商品・権利・役務

★オンラインショッピングを含む通信販売は、
クーリングオフ制度の対象とする訪問販売などにはあたらないため、クーリング
オフ制度の適用対象外となります。
オンラインショッピングに関しては、「トラブルが発生したら、クーリングオフ
すればいいや」といった安易な気持ちは慎まなければなりません。


★悪徳商法(あくとくしょうほう)は、悪質な者が不当な利益を得るような、
社会通念上問題のある商売方法である。多くの場合、被害者は消費者であるが、
企業(ことに中小零細企業)や個人事業者のこともある。また、問題商法(もんだい
しょうほう)または悪質商法(あくしつしょうほう)とも言う。
なお、警察、消費者センターなどでは問題商法または悪質商法ということが多く、
ほとんど悪徳商法とは言わない。マスコミや一般の人は、悪徳商法ということが多い。
近年20歳で成人を迎えて間もない人たちをターゲットにする悪徳商法が増加している。
*
法律的には成人とみなされても、彼らには社会的な経験や知識が少なく、
そこにつけこんだものである。


フリー百科事典 ウィキペディアより

「防災」

防災という言葉が使われる世界の国々で最も多いのは日本でないでしょうか。
その理由は地震が多いのもその一つです。その他に、台風による風水害、火災、
爆発などがあります。これらの多くの災害は天災の部分が多く、発生した時、
如何にそれに対処するかということです。そして、防災という言葉に関連したもの
として、防災用品、防災の日、防災訓練、防災食品、防災倉庫、防災無線、
防災組織、防災施設、防災システム、FM防災メモ、地域防災計画、
地方防災会議、火山防災対策、防災アニメ、防災業務計画、防災基本計画、
防災まちづくり、防災街区、防災ラジオ、防災トイレなど多く防災用語があります。


早起きは三文の徳(はやおきはさんもんのとく)
早起きをすると健康(けんこう)にもよくて、何かしらいいことがあること

HOME