伝統芸能"浜松まつなみかい"
<浜松の歴史>


浜松市は、西には浜名湖(面積65平方キロメートル)、東は天竜川(諏訪湖
を源に、遠州灘を河口とする全長213km)を有し、東京と大阪のほぼ
中間に位置し、古くからの城下町・宿場町です。


明治以降、繊維・楽器・輸送用機器産業を中心に発展しました。
地域産業の高度化と高度技術開発の拠点となる「浜松テクノ
ポリス構想」を推進。楽器・輸送用機器・光技術の分野の世界的企業
が存在しています。また音楽をはじめ多彩な芸術文化を有しています。


日本一の製品群として、ピアノ、バイク、木工機械、光電子増倍管などが
ございます。代表的企業として、
ホンダ(1948年 本田宗一郎・本田技研工業設立) スズキ(1920年鈴木道夫・鈴木織機
製作所設立・1954年 鈴木自動車工業へ) ヤマハ(1897年 山葉寅楠・日本楽器製造設立
・1955年 ヤマハ発動機設立) カワイ(1951年 河合楽器製作所設立1927年 河合小市
河合楽器研究所創立) 浜松ホトニクス(1953年浜松テレビ設立 1948年高柳健次郎、
堀内平八郎創立) 庄田鉄工(1926年創業) 平安鉄工所(1939年創業)


アクトシティの象徴でもあるアクトタワーは、地上45階、高さ212.77mの超高層ビルです。
低層部にはガレリアモールとショッピング街・レストラン街で構成される「アクトプラザ」、
中層部はオフィス、高層部は「オークラアクトシティホテル浜松」、45階には「展望回廊」が
あり、人と環境の融和への配慮が随所に生かされた魅力的な都市空間となっております。


      浜松市は、面積 256平方キロメートル 人口密度 2,219人/平方キロメートル
                  世帯 205,467世帯 人口 569,622人


2004年4月8日(木)から10月11日(月)まで 浜名湖畔で、浜名湖花博が開催されました。
松濤会では、4月8日と4月20日それぞれpm 1:00 と 2:00 二回、伝統芸能の踊り
をご披露しました。


そして、浜松市、浜北市、天竜市、舞阪町、雄踏町、細江町、引佐町、三ケ日町、春野町、
佐久間町、水窪町、龍山村の12市町村が合併し、2005年7月1日から新・浜松市はいよいよ
スタートしました。人口786,306人、面積1,511Ku という中核都市の誕生を心からお祝い
申し上げますと共に新・浜松市の更なるご発展をお祈り申し上げます。





浜松城は、元亀元年(1570)に徳川家康が築城し、17年間在城した。
出世城とも呼ばれ、明治の廃城をむかえるまで5万石ながら代々譜代
大名の居城として高い格式を保った。現在の天守閣は1958年にかつて
石垣の上に再建されたもの。城跡一帯は浜松城公園として整備されて
おり、桜の名所としても名高いところです。


浜松祭り」は、430年ほど前、引間城主の長男誕生を祝い
凧を揚げたのが起源。祭り期間中、昼間は中田島砂丘
にて勇猛果敢な大凧あげが繰り広げられる。
浜松市内の各町内を表す字や絵を描いた大凧を揚げ、
町内対抗の糸切り合戦を展開する。いくつもの凧が大空に
乱舞する風景はとても雄大です。夜になると、市街地で
豪華な彫刻が施された各町の 御殿屋台が町を練り歩き
ます。ご殿屋台の引きまわし豪華絢爛を競い76台の
ご殿屋台で浜松の町が輝く。 毎年5月3-5日

「燃えろ浜松祭り」浜松祭りとは何かを紹介



浜松まつりは、凧上げ合戦 毎年5月3-5日開かれる。

165町の凧がいっせいに5月の空に舞い上がります。
日時 5月3日,4日,5日 午前11時〜午後3時まで。
会場 中田島砂丘(凧揚げ会場) 浜松駅よりバス運行。


毎年全国より30-40万人の観光客が訪れます。


金原明善

天竜川(暴れ天竜と言われた)の治水を行ったことで有名ですが、
それとともに、今日の更生保護思想の源流を担った偉人です。
すごいのは、36才になった明治元年に私財(5万6千円)をなげうって、
堤防を作りました。さらに7年後の1874年に、オランダ人技師リンドウと
天竜川上流を調査し、植林の重要性を知り、そして実行したのです。
官有林にスギ250万本、ヒノキ50万本も寄付し、さらに周りの山にも
植林を行ったのです。苗木1本50円としても、1億5千万 すごい事です。



菜の花と富士山



伝統芸能 "浜松まつなみかい" では、踊りは藤間流、
長唄は杵屋流・芳村流、鳴物は福原流、
小唄は春日流・錦流です。そして、それぞれの師匠の
ご指導の下で伝統芸能を継承しております。
リンクフリーです、伝統芸能の普及にご協力ください。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/msdco/matsu/