XネーミングライツX



X◆ネーミングライツ戦略

X1.日本のスタジアムホルダーは、「いかにスタジアム内で価値ある興行を呼び込むか」を綿密に
XXマーケティングする、このビジネスソリューションは、国際的な英知を集めて解決する必要が
XXあると考えている。NPBプロ野球団と球場はホームゲームのエンターテイメント性の追及、
XX例えばスタジアムに行かなければ味あえないもの、スタジアムにいかなければ買えないもの、
XX球団スポンサーと共同企画を実施し、また試合のない日のイベント呼び込みも球団が
XXコネクションを持つ業務提携先とイベント実施でスタジアムの価値を球団と球場の両者による
XXコラボレーションで付加価値の向上に努め、ネーミングライツ価格の向上を狙う。そして、
XXアメリカでこのテーマは一歩も二歩いや100歩くらい先を行っている。 日本のスタジアム
XXネーミングライツ成功の可能性があるとすれば、アジア圏も含めて経済が発展していること、
XXそれから日本の人口密度が高いことである。魅力ある興行を企画すれば観客を集めることが
XXできる。

X2.世界で最も古いスタジアム・英国ウェンブレイ(Wembley)、USAステープルセンター
XX(Staples Center・オーナーアンシュッツ)を見学し、必要に応じて業務提携し、スタジアム運営・
XXイベンント開催・スポンサーシップ・ネーミングライツのノウハウを学ぶ事も一つの戦略と考える。X
XX
彼らも独自のスタジアムビジネスの展開をアジアへ拡げたいという戦略をもっている事が予想
XXされる。そこでGive & Take の業務提携が考えられる。 現在の世界スポーツ界の常識は
XX商業主義そのものである。
X