***発電量***

環境に優しい
*太陽光発電システム*

株式会社 芙 容


「太陽光の発電量」
をご紹介します。


*背景画像は太陽電池モジュール*
右写真はらん


●発電量は設置の地域や条件によって異なります。上記資料はS社のものを
*参照しました。
*地域や季節、設置方位などの地理的条件や気象条件で太陽光発電システム
*で得られる発電量が異なります。
*上記データは、NEDO全国日射関連データマップの日射量データ(1961-1990年
*までの平均)を用いて算出されております。太陽電池容量は、JIS規格に基づいて*
*
算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。発電電力は最大でも次の
*ような損失で太陽電池容量の70%-80%です。
パワーコンディショナによる損失7% ・素子温度上昇による損失(12月〜2月):10%
素子温度上昇による損失(3月〜5月、9月〜11月):15%
素子温度上昇による損失(6月〜8月):20%
その他の損失(配線、受光面の汚れによる損失など):5%
*太陽電池容量4.28kwのシステムで、153wを28枚、南面設置、傾斜度30度の
*件、太陽電池は、多結晶セルでの算出です。


以下の記事は
フリー百科事典ウィキペディアより
ライセンスは全てGFDLに従います。

結晶シリコン型太陽電池の代表的構造

一般的な太陽電池は、p型とn型の半導体を接合した構造を持つ。
半導体のもつ光電効果という現象を利用して光エネルギーを高い
効率で直接電気エネルギーに変換する光電池(光電気変換素子)
です。界面に入射した光によって伝導電子が増え(内部光
電効果)、内蔵電場によって正孔と引き離される。これを電極から
外部に取り出すことで光電流が得られるpn接合部付近に発生した
電子と正孔は、それぞれn層とp層の方向へ移動します。
電子と正孔が移動した半導体のpn接合両端には電位差が発生
します。この時、両端に負荷たとえば電球を接続すれば、電気が
流れ点灯することができます。標準の状態(放射照度は1000W/m2、
分光分布AM1.5、セル温度は25℃の条件)では、約10p×10p1枚の
セルで発電できる電力は直流で約0.5V、3Aです。


太陽の光があればいつでも電気が発生する。夜など光のない時には
電気は全く発生しない。太陽電池は半永久的に使用できる。


結晶系シリコン太陽電池は、半導体のもつ光電効果という現象を
利用して光エネルギーを高い効率で直接電気エネルギーに
変換する光電池(光電気変換素子)です。


太陽電池の最小単位はセルと呼ばれ光を受ける半導体結晶の表面
近くにpn接合があり、薄い板状をしています。半導体に光が当たると、
内部に電子と正孔が発生します。


pn接合部付近に発生した電子と正孔は、それぞれn層とp層の
方向へ移動します。電子と正孔が移動した半導体のpn接合両端には
電位差が発生します。この時、両端に負荷たとえば電球を接続
すれば、電気が流れ点灯することができます。


電流はセルの面積に、電圧はセルの直列数に比例しますので、
セルを必要な大きさに切断し、必要な数、直列に接続すると目的に
応じた出力値の太陽電池を構成することができます。
さらに太陽電池の発電効率を下げることなく過酷な使用環境に
十分耐える様、専用の材料でパッケージングしたものを
モジュールと呼びます。



●太陽電池は、

光吸収層の材料、および素子の形態などにより、多くの種類に分類される。
一つは、シリコン系ともう一つは化合物に分けられる。ここでは、
太陽電池に多く採用されているシリコン系について解説する。
シリコンを用いる太陽電池は、材料の性質の観点からは、単結晶シリコン
(全体の28.7%)と多結晶シリコン(全体の56%) 、薄膜系アモルファスシリコン
(全体の5%)に分類することができる。またその形態から、薄膜型や
*多接合型などを分別することができる。( )内%は、世界の種類別生産量2004年。*
平成17年度(2005)住宅用太陽光発電導入促進事業において、設置された
太陽電池の内訳は、11,628件(単結晶:2,731件、多結晶:8,860件、
アモルファス:37件)であり、全体の76%は多結晶型であった。


★単結晶シリコン型

高純度シリコン単結晶ウエハを利用するもので、最も古くから使われている。
変換効率は高いが高純度シリコンの利用量が多く、生産に必要なエネルギー
やコストが高くなる。そのため近年は下記の多結晶シリコンや
薄膜シリコン太陽電池に移行が進んでいる。


★多結晶シリコン型

結晶の粒径が数mm程度の多結晶シリコンを利用した太陽電池。他のシリコン
半導体素子の製造過程で生じた端材やオフグレード品のシリコン原料を
利用して製造できる。単結晶シリコンに比べると面積あたりの出力(変換効率)
は落ちるが、生産に必要なエネルギーは少なく、エネルギー収支やEPT、
GEG排出量の面では単結晶シリコンより優れる。コストと性能のバランスの
良さから、現在の主流となっている。近年はウエハを薄型化するコスト削減
技術の競争が進んでおり、2004年の300μm厚から、2010年には150μm厚
に半減すると予想されている。また、ガラス上に非常に薄い多結晶シリコン
太陽電池を形成する、CSG(またはSOG)技術の普及も有望視されている。


★アモルファスシリコン型

*シランガスから化学気相成長 (CVD) させてできるアモルファスシリコンを利用*
した太陽電池で、形態的には薄膜シリコン太陽電池にも分類できる。結晶
シリコンに比べてエネルギーギャップが大きいため、高温時も出力が落ち
にくい特性を持つ。使用するシリコン原料が少なく、エネルギーやコスト的
にも有利である。極端な低照度下での効率が高いことや、蛍光灯の短波長光
に感度があることから、主に電卓など室内用途に使われてきた。
太陽光で劣化しやすいのが欠点だったが、技術の進歩により長寿命化され
(アモルファスシリコンの光劣化参照)、近年は屋外用にも市販されている。
エネルギー変換効率が10%以下と低い(設置面積が大きくなる)のも欠点
だったが、多結晶シリコン等と積層した多接合型とすることで高性能化
されている。またタウツギャップの大きさはドーピングによって1〜2eV程度
の範囲で可変であり、これを利用してアモルファス層のみで構成された
多接合型太陽電池も実用化されている。近年は薄膜太陽電池の
一種として論じられることも多い。


太陽電池の年間生産量
フリー百科事典 ウィキペディアより
This picture is licensed under the Creative
Commons Attribution ShareAlike 2.5.

太陽光発電システムの導入・設置実績
世界の数字 2005年 1,093メガワット
日本の発電量 2005年
新エネルギーはまだ小さい数字
新エネルギーの発電量 2005年
太陽光発電システムの数字は小さい


「太陽エネルギーとは」

全世界の年間使用エネルギーは、約90兆KWと言われてります、
太陽エネルギーは、一時間に約120兆KWと言われております。
又一方の説では、30分で全世界の年間エネルギーの必要量に匹敵する
と言われてりますので、いずれにしましてもアバウトの話ですが、
太陽エネルギーの大きさが推測できます。また異なった表現では、
太陽エネルギーは枯渇しない、太陽エネルギーは世界中のどこでも
利用できる、太陽エネルギーはコストがかからない、太陽エネルギーは
地球に優しく・化石燃料や原子力エネルギーと異なって大気汚染の
心配がないエネルギーです、太陽エネルギーは採掘したり、運んだり
する必要がないので経済的です。
太陽は46億年前に誕生したとされており、同時に地球やその他の
惑星も誕生したとされています。それ以来、太陽エネルギーは
人間が作り出した科学や技術や文化など多くのものに貢献してきました。


ローマは1日にしてならず。〜Roma was not built in a day〜

HOME CO2削減 住宅用 システム機器 温水器 発電量 電気料 エコQ/IH 貢献 葺き材
見積もり ローン モニター 補助制度 保証制度 Q&A 太陽とは 生産量 設置例 産業用
風力発電 エタノール 自動車
生産
エージェント 資料請求 会社概要 リンク集 プライ
バシー
クーリン
グオフ

Copyright Fuyo Corporation All rights reserved.
静岡県浜松市中区萩丘五丁目9-13 TEL:(053)412-7132