Avatar

吉岡直樹

ジャズ・コントラバス奏者

プロフィール

1976年、北海道函館市に生まれる。

中学時代に級友の半ば強引な勧誘で吹奏楽に入部。トロンボーンを高校まで続ける。高校受験の頃、デューク・エリントン楽団のCDをきいて「こんな面白い音楽が世の中にあったのか」と衝撃を受けジャズ・ファンとなり、特にベースへの関心が高まっていく。

1995年、名古屋大学入学と同時に軽音楽部に入部し、念願のベースを始める。ジャズ・アンサンブルをギタリストの森田利久氏に師事。在学中よりジャズ・クラブで演奏する機会も得る。趣味では飽き足らなくなり、大学卒業後プロ入りを決意。ベースを中村新太郎氏に師事。また、東海・北陸地方で行われたワークショップに参加し内外のミュージシャンから多くを学ぶ。2002年よりボウイングを榊原利修氏に師事。

2004年、2管編成のクインテットでリーダーとして初めて演奏する。以来、機会があるたびにリーダーとしても活動する。選曲に際しては、過去の名演や同時代のミュージシャンはもちろん、作品を残した作曲者、作詞者に対しても誠意のある解釈を心がけている。

現在、愛知県名古屋市在住。東海地方のジャズ・クラブを中心に活動中。趣味はなかなか行けない旅行と気まぐれな読書。

スケジュール

9月22日:森田利久(g)トリオ(エボニー&アイボリー)

森田利久(ギター)、西川麻子(ピアノ)、吉岡直樹(ベース)

9月24日:山本隆詞(g)トリオ(コルドバ、入替制・第1部、要予約)

メンバー:山本隆詞(ギター)、後藤勇人(テナーサクソフォン)、吉岡直樹(ベース)

9月24日:山本隆詞(g)トリオ(コルドバ、入替制・第2部、要予約)

メンバー:山本隆詞(ギター)、後藤勇人(テナーサクソフォン)、吉岡直樹(ベース)

10月2日:ジャム・セッション(バレンタイン・ドライブ)

ホスト・プレイヤー:館岡紅介(トランペット)、塚本奈加(テナー・サクソフォン)、太田均(ピアノ)、吉岡直樹(ベース)、舩尾真伊年(ドラムス)

10月12日:高野正幹(テナー・サクソフォン)、林耕平(ピアノ)、吉岡直樹(ベース)、舩尾真伊年(ドラムス)、依田隆(サクソフォン、ボーカル)(マムゼル)

メンバー:高野正幹(テナー・サクソフォン)、林耕平(ピアノ)、吉岡直樹(ベース)、舩尾真伊年(ドラムス)、依田隆(サクソフォン、ボーカル)

10月13日:森田利久(g)トリオ(エボニー&アイボリー)

森田利久(ギター)、西川麻子(ピアノ)、吉岡直樹(ベース)

10月20日:野道幸次(ts)N. Y. J.(バレンタイン・ドライブ)

N. Y. J. 野道幸次(テナーサクソフォン)、有本羅人(トランペット、ベースクラリネット)、吉岡直樹(ベース)、倉田大輔(ドラムス)

10月22日:松本コウ(g)、浦田治(ts)、吉岡直樹(b)(テンダリー)

メンバー:松本コウ(ギター)、浦田治(テナー・サクソフォン)、吉岡直樹(ベース)

11月4日:森田利久(ギター)トリオ(バレンタイン・ドライブ)

森田利久トリオ:森田利久(ギター)、吉岡直樹(ベース)、舩尾真伊年(ドラムス)

ブログ

レガシーなシステム

久しぶりの更新です。 そろそろこのサイトの移転を検討している今日この頃。 というのも、このサイト、20世紀末期、私が大学卒業するかしないかに契約

レッスンは早く受けろ

こんにちは。 久しぶりの更新です。面白いことはたくさんあるのですが、公にしてよいことといけないことがあるので。 さて、今日はレッスンを受けるなら

テッド・ジョイア『ジャズ・ヒストリー』

こんにちは。 先日書店をうろうろしていたら、テッド・ジョイア著鈴木潤訳『ジャズ・スタンダード 聴いて弾いて愉しむ252曲』(みすず書房)というの

ガット弦のこと

こんにちは。 弦を替えました。前から少し気になっていたガムットのレッド・ダイアモンドという弦にしました。 これまで使っていた弦、決して悪かったわ

コントラバスの運指

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。 さて、Jason Heath氏のブログで、What ARE the “rules” of double bass f

プロジェクト

*

コントラバスカルテット楽団四器

名古屋のジャズ・ベーシストによるカルテット。

ジャズ・セッション(バレンタイン・ドライブ)

不定期に開催するジャズのジャム・セッション