吉岡直樹のサイト

トップ

ようこそ!

名古屋市在住ジャズ・ベース奏者、吉岡直樹のウェブサイトです。

演奏予定などはもちろん、ベースやジャズについての読み物も充実させて、音楽同様、楽しいサイトづくりを目指します。ぜひサイトについてのリクエストやご感想などもお寄せください。

次の演奏予定

ご自由にお取りください!

吉岡直樹の演奏のご案内チラシがダウンロードできます。

現在、チラシはありません。

3月9日
スケジュール最終更新。

最近の「くぎょうにっき」から

2月15日(木) / 楽器

あるお店の店主の話によれば、最近の学生ベーシストは自分の楽器を持たない人も少なくないらしい。

たしかにベースは棺桶のようにでかくて、運ぶのが大変である。日本の住宅事情では家で練習するのも難しいかもしれない。だから、最初はあんなものを自分で買おうと思わないかも知れないけれども、音楽や楽器が楽しければ、自分のベースが欲しいと思うのが当然ではないかとも思う。スポーツ用品でいえば、テニスのラケットや野球のバットや相撲のまわしのようなもので、ずっと借り物では何かと都合が悪いのではないか。

楽器は安い買い物ではないから、後悔しないためにも事前にある程度しっかり勉強してから買うのがよい。例えば「合板よりも単板のほうがよい」というようなあやふやな知識だけでは不十分で、なぜ、横や後がメイプルなのに表板だけがスプルースなのかという基本的なことをぜひ知っていただきたい。楽器の仕組みやメンテナンスの重要性をしっかり理解すればおのずとどこで買うべきか、買うときに何を相談すべきかということもわかると思う。

それから、ベースは、奏者の位置でよく鳴なっているように思えても、離れた位置では意外と音が届いていないというようなことがある。できれば、もう一人ベース弾きを連れていくときちんと比較ができるかもしれない。余計に迷うだけかもしれないけれども。

1月24日(水) / 新しい弦

新しい弦に変えた。細かな経緯は省略するが結論としては生まれて初めて4本ともガットである。まだ張りたてなので評価を下すには早すぎるのは承知だが、第一印象としてはとても素晴らしい。

先日、ジャム・セッションでかなり弾ける参加者が演奏しているのを試しにトイレに入って聴いたのだが、ノー・アンプにもかかわらずクリアに聞こえた。楽器のランクが数ランクアップしたような印象だといえば言い過ぎかもしれないけれども。

サドル・アップによる張力の問題の解決など、ここ1年少し掛けて楽器の問題に真剣に取り組んだ甲斐があった。職人さんには非常にご面倒をおかけしたが、とても幸せな気分である。

12月31日(日) / 大晦日

早いもので大晦日ですね。

今年も何とか無事に終わりそうです。今年は、音楽的にもそれ以外でも初めての経験をいくつかすることができました。ライブ中、8割以上アルコの演奏であったりとか。初回は結構冷や汗でしたけれども。

来年は、地に足をつけて、さらに一歩一歩頑張っていけたらと思います。今後もどうぞよろしくお願いします。