吉岡直樹のサイト

トップ

ようこそ!

名古屋市在住ジャズ・ベース奏者、吉岡直樹のウェブサイトです。

演奏予定などはもちろん、ベースやジャズについての読み物も充実させて、音楽同様、楽しいサイトづくりを目指します。ぜひサイトについてのリクエストやご感想などもお寄せください。

次の演奏予定

7月27日(土): インテルサット
    • 野道幸次(ts)
    • 吉岡直樹(b)
    • 浅田亮太(ds)
8月2日(金): ピアチェーレ

ジャズセッション

吉岡直樹(b)

8月16日(金): バレンタインドライブ
楽団四器
  • 吉岡直樹(b)
  • 谷井直人(b)
  • 高間康弘(b)
  • 林かな(b)

ご自由にお取りください!

8月16日(金): バレンタインドライブ
楽団四器
  • 吉岡直樹(b)
  • 谷井直人(b)
  • 高間康弘(b)
  • 林かな(b)

最近の「くぎょうにっき」から

6月26日(水) / クラシックの練習

月末に人前で(もちろんお金はいただかずに)クラシックの独奏曲を演奏する機会がある。

毎月楽器を指導していただいている榊原先生の一門の発表会のような催しで、不良弟子ながら毎年参加する機会をいただいている。

日頃ジャズの演奏で、多少の緊張を感じることはあるが、クラシックの演奏のときの緊張感といったらない。同じ演奏なのだからたいして違いはないのではないかと思い込もうとするのだが、実際には決してそんなことはならないのである。

ジャズの場合、どんなにひどい失敗をしたとしてもなんとかリカバリできるという自負がある。それなりの練習も経験もある。ところが、クラシックに関しては、どれだけ練習しても十分ということはないし、それに絶対的に経験不足、一般的なアマチュア以下なのである。

同じ楽器を持って臨むのだけれども、文化というか文脈が異なるとこれまで精神にも影響を受けるのかと思うと、私にもまだ繊細さのひとかけらが残っていたようだ、と思うことにする(実際は脆いだけ?)。

5月2日(木) / 令和

令和になったらしい。

正直、あまり自分に関係する話ではないな、と思う。

2月28日(木) / PCの引っ越し

久しぶりの更新です。

というのは、PCを約10年ぶりに買い替えて引っ越しに手間取っていたのです。

学生のときにWindow95のマシンを買って以来、ずっとWindowsのユーザーだったのですが、Windowでしか動かないソフトウェアをほとんど使っていないことに気づいたので、今年Windowsを卒業してLinuxユーザーになりました。

楽譜やレッスン資料の作成、チラシの作成と印刷の入稿など、日頃のPC作業を徐々に新しいマシンで行うようになっていたのですが、自分のサイトの更新は後回しになっていました。

というのは、私のこのサイトはPerlで書いた自作のスクリプトがいくつか動いているので、新しいPCにローカルのサーバー環境を作る必要があるのですが、その設定で苦戦していたのです。

サーバの設定、文字コードの問題、さらにはディレクトリ構成をスクリプトに反映させる作業に思いのほか時間がかかってしまいました。そして、なんとかファイル転送のソフトの設定が終わり(これは簡単でした)、久しぶりの更新にこぎつけました。

気づいたら2月もおしまいですね。またぼそぼそと書いていきますのでよろしくお願いします。