月刊:WATN弁当へ戻る
JRの頂上。東京駅の「東京弁当」です。
NEW!今月は東京駅の株式会社日本レストラン
「東京弁当」
1600円



■さめてもおいしいお弁当となれば駅弁。さて先月の横川駅の「峠の釜飯弁当」に続けるものは。。。と考えていたら、やっぱり下り電しか無い「東京駅」。
■月末の締め切り前にのこのこと東京駅にやって来ました。いろいろなお弁当がありますあります。新幹線中央乗換改札口前のお弁当の販売店には20種類以上のお弁当がならんでます。最高峰はなんと4000円の「 極附(きわめつき)」弁当。これって電車の中で食べるのすかねえ。 恐れおおくて買えましぇーん。
※極附弁当は予約すると新幹線の指定席の席まで持ってきてくれるってー!すごいですねえ。
■さて庶民のWATNは東京駅ならではのお弁当をえらばなくっちゃ。
東京の老舗の味を集めた「東京弁当」\1600に決定しました。
■東京駅の弁当の値段は1000円が標準的ですので、ちょっとお高いですね。
【WATNの食べた感想】
★三角の真ん中のおかずが東京の老舗の味なんです。
●「浅草今半(いまはん)」の牛肉たけのこ:濃い味がしみてます。
●「人形町魚久(うおきゅう)」のキングサーモンのかす漬け:ちょっと癖があり。
●「築地すし玉青木」の野菜入り玉子焼き:ん〜〜。野菜は入らなくてもいいのに。
●「根津のやよい亭」のスウィートずんだ:枝豆なのだが甘〜〜い。おはぎっぽい。
●国産有機認証米使用ご飯:冷めたらくっついてた。レンジでチンで復活した。
●煮物:味は濃めなのでご飯のおかずです。
●タコ白染揚げ:タコ好きな私はもう少しほしい。
●穴子信田巻:どうなんでしょう?
●ひじき五目煮:ほっとする味です。
●しば漬け:ピンクでないのでちょっとびっくり
●カリカリ梅:細かく割って種がないのです。

【WATNの勝手な値段付け】・・・・1000円
←←←←ここに注目!!

お弁当の容器はとても大事です。
この東京弁当のそれはどう見ても塗りの木の容器です。
しかしびっくり厚紙にビニールコーティングの印刷です。
持った感じもしっかりしていて捨てるのはもったいない。
だってーこれも値段に入っているわけだしー。。

月刊:WATN弁当へ戻る