おぼえがき

(最終更新: 2001年1月21日)


屋外練習 その2
屋外練習を書いてから2回引越した。 やっぱり自室ではあまり音が出せないので外へ吹きに出る。 近くの神社で吹くのが雰囲気がよくて好きなのだが、夏は蚊にくわれて30分と吹けない。 虚無僧はできないとつくづく思う。 寒くなってからは日が短かくなったこともあり、公民館(みたいなもの)の和室を借りている。 自治体によるのでしょうが公民館は安くてよいですよ。
視覚効果
竹竹(*1)を聴く機会があったので行く。 竹製楽器の視覚効果が加わってすごく楽しめたのだけれど、実演を見るのと見ないのでは音盤を聴いたときの理解度がかなり違うだろうとも思った。 尺八の本曲でも寺で吹いているのを聴いてもらえば理解度が上がるのだろうか。
(*1) 竹製楽器のみによるグループ。尺八はジョン海山ネプチューン。
海童道祖ディスコグラフィー
宇田川岳夫『フリンジ カルチャー』(水声社、本体2000円)で海童道祖についての記述を見つけました。 5ページの紹介文ですが主要ディスコグラフィーも載っています。 三上寛やJ・A・シーザーと並べて紹介されているのが妙な感じ。
屋外練習
転居にともなって練習する場所が屋外になった。 晴れた日の木陰や月の光の下で吹くのは気持ちいい。 ただ、楽譜の扱いに苦労する。 B4用の使いやすいファイルが見つかればいいのだけれど。
1m管
思うところあって塩ビパイプで1m管を制作する。 これを吹いた後だと正寸2尺3寸管(塩ビ製)もずいぶん短かく感じられる。 指を開く練習になります。
SunのテレビCM
1998年9月ごろ、日本サン・マイクロシステムズのテレビCMのBGMに尺八が使われていました。 細かい刻みのリズムにのせて尺八が古典本曲の冒頭らしき旋律を演奏してました。 CMに使われている部分を聴いたかぎりは、かっこいいです。 画面には♪coba と出ていたのですが、曲名か演奏者名かもわかりません。 ご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ教えてくださいませ。
[追記] 結局、coba(小林靖宏)さんによる曲でした。 http://www.toshiba-emi.co.jp/coba/songs/index_j.htm
によると、問い合わせが殺到したため急遽「mania coba 2」に収録されたということです。 上記のURLで音も少し聴くことができます。
作成者について
尾崎正太郎 (おざき・しょうたろう)
1991年、京都大学叡風会に入会し、尺八(都山流)を始める。 いろいろと尺八音楽を聴いているうちに本曲に興味をもつ。 1994年に明暗寺で本曲を聴き自分でも吹こうと思う。 1995年3月から明暗対山流尺八を習う(1999年4月から中断)。

尺八古典本曲のページにもどる

syota@cam.hi-ho.ne.jp