美髪、ダメージヘアの改善

整髪・美髪 もくじ

下記の読みたい項目をクリックしてください。

・育毛用スタイリング剤

トリートメントやスタイリング剤を使うことで、ますます髪質は悪化していき、髪は細く寿命も短くなっていきます。

・薄毛でボリュームが出ない

トリートメントやスタイリング剤を使うことで、ますます髪質は悪化していき、髪は細く寿命も短くなっていきます。

・育毛の深層トリートメント

20代~60代の女性の「髪の悩み」の1位と2位は「髪のぱさつき」です。 髪がぱさついているということは、髪の防御膜が毎日のシャンプーで洗い取られていることを示しています。

・美髪特集 ひどい損傷毛

髪質が悪い女性が生涯に使う美髪のための価格は、実に「200万円超」というデータがあります。髪質が悪くなるからトリートメントやコンディショナーを使います。 費用をかけ、労力を使い、それでも髪質はどんどん悪くなっていきます。いちばん髪質を悪くしているのは「毎日使っているシャンプー」で髪質を悪くしているのです。

・レストル美髪は薄毛予防にも

「レストル美髪プログラム」は、髪の健康を維持し守るので、薄毛はもちろん白髪年齢も遅れ、トリートメントやコンディショナーも不用、 カラーも発色がきれいだし長持ちすると評判になっています。

・髪質をよくする美髪が評判

髪の表面の補修やツヤ、滑り感をよくする「よく見せる」いままでのトリートメントではありません。 開発したのは「髪の中からよくしていき、しだいに髪質がよくなっていく」美髪プログラムなのです。現在これをメニュー化してお客様に喜ばれています。

・育毛+美髪施術プログラム

男女とも「シャンプーを使うようになって」から髪質が悪くなり、すごく傷んでいる人が増えています。 とくに女性は髪質を悪くすると、髪が長いだけに傷みがひどくなります。また、ヘアスタイルを悪くするばかりでなく、見た目の印象まで老けて見えます。

・髪の傷みは薄毛の信号

自然由来でアミノ酸系などシャンプーに気をつけているし、トリートメントは欠かさずしているのになぜ、髪はぱさつくのでしょうか? あれだけシャンプーやコンディショナーなど「きれいな髪をつくる」と宣伝されているのに、なぜ髪は傷みやすく、ぱさつくのでしょうか?

・頭皮や髪の防御膜喪失

頭皮や髪は「複数の保護膜」により防御されています。この防御膜は「毎日のシャンプー」などで取り去られます。 また、体質により生まれつき防御力の弱い人もいるので、薄毛にならないためには「じぶんに適したシャンプー選びと、使い方」がたいせつ

・ダメージヘアに

薄毛には、シャンプーやトリートメントは大敵。でもロングヘアやダメージヘア、猫毛・細毛でトリートメントがほしい場合もあります。どうしてもトリートメントしないと髪がおさまらない人は育毛トリートメントがおすすめです。育毛トリートメントなら頭皮や育毛に影響しません。

↑ PAGE TOP