薄毛、細毛の方のためのシャンプーについて

シャンプーについて もくじ

下記の読みたい項目をクリックしてください。

・カラーと薄毛の関連性

35%の女性が薄毛の兆候が出ています。また、女性の5人に1人は薄毛というデータもあり、カラーすることで頭皮の育毛環境が悪化します。 薄毛の人はカラーをしない方がよいのですが、薄毛をカバーするためカラーがしたいという人が多く、その要望にお応えし育毛カラーを開発しました。

・カラー、パーマで薄毛に

家系的に薄毛になる因子があればブリーチやカラーをすることで薄毛が発現し、急速に進行する危険が高くなります。 また家系的な因子のない人でも、カラーやパーマで薄毛になるケースが増えています。 薄毛を予防するためには、頭皮料できちんと頭皮を保護してからカラーやパーマをかけるようにしてほしい。

・カラーで薄毛・細毛

地肌が見えるくらい薄毛が進行すると、黒い髪では地肌が目立つため、カラーする人が多い。またカラーの薬液がしみたり痛みを訴える人も多い。 25~40分も薬液を塗布したまま放置することで、薬液は右の写真のように炎症を起こしたり、毛穴から浸透して毛穴の内部を攻撃します。

・頭皮回復カラーが大評判

カラー薬液は毛穴のなかにも浸透して、毛母細胞や内根鞘皮を攻撃します。そして細胞分裂の低下など細毛・薄毛の進行を早めていくのです。 だから薄毛・細毛が気になる方、遺伝的に薄毛・細毛になりやすい方は、通常のカラーよりも育毛カラーがおすすめ。

育毛カラーのシステム

カラーをすると、髪が傷む、頭皮が傷み、抜け毛が多くなる、薄毛の原因になるという理由で、以前はカラーを我慢して頂いておりました。 しかし薄毛でもカラーをしたいお客様が多いので、育毛カラーを開発しました。

↑ PAGE TOP